未亡人になった時の知っておきたい知恵や経済、老後、生活の情報

突然未亡人になってしまったらどこから何をして良いか戸惑いますね。おひとりさまになった時、病気になったら、老後の心配は?子供の事は?色々な側面で楽しく生活していくための情報を綴っています。

スポンサーリンク

50代の独身女性は孤独で寂しい?60代以降の寂しさの対策とは?

50代の独身女性は孤独で寂しいと思いますか?

 

と、本人に聞くとそんなことはないわ!

 

自由だから。

 

 

という人もいれば、そろそろ老後のことを気になり一人ぼっちの孤独さが身に染みて「寂しいけど、しょうがない。」

 

と、思う人もいます。

 

 

寂しさに耐えるのが辛い、今からでもパートナーと出会えるのであれば!

 

一緒に老後をともにする人を探したいと思って、行動に移している50代独身女性もたくさんいます。

 

 

60代以降はもっと寂しさを感じます。

 

50代独身女性の孤独からの脱却、寂しさの対策はどのようにしたら良いでしょうか?

 

50代の独身女性は孤独で寂しいの?

 

50代の独身女性はみんな孤独で寂しいのでしょうか?

 

 

50代中頃ではあまり感じない人も、60代近くなるとやはり寂しさを感じてくる独身女性は増えてきます。

 

 

それは、心の寂しさだけではなく、「健康の不安、老後の経済力の不安、住まいの不安」

 

など等、今まであまり感じてこなかったことが初老と言われる60代過ぎたころから急に感じてくるんですよね。

 

 

50代はまだ仕事で人との交流もあったし、元気だった。

f:id:navimy:20200823181512j:plain

 

 

家に帰っても、若さが孤独を消してくれました。

 

でも、この先年齢を重ねて60代後半~70代、80代も誰とも合わない生活が待っているかもしれないと思う時、孤独で寂しい気持ちが急に沸いてきます。

 

50代独身女性は孤独で寂しいと思うのは、まだまだ始まり。

 

 

本格的に孤独を感じ、寂しさがこみあげてくるのは還暦が見えるころからです。

 

60代以降寂しさから脱却する対策とは?

 

まだこれから、やってくる本格的な独身女性の孤独。

 

60代以降に孤独感、寂しさは強烈に又は急に襲ってくるかもしれません。

 

 

その前に寂しくならないように対策を少しでも若いうちから考えておかないとあの時、あぁしておけばよかったなと思う時が来るかもしれません。

 

60代以降、寂しくならないための対策としてはいくつかあります。

 

趣味

  • やることも増え、寂しさを感じる時間も減る
  • 同じ仲間が出来る
  • 同じ環境の友人が出来る

 

同性の友達を作る

  • 何と言っても、孤独はいや!
  • 寂しい時に、電話やランチ、家に呼ぶ、呼ばれる女友達を何人か作るのはこれから老後に向かってとても心強いです。

 

異性の友人または、パートナーを作る

  • これは一番素敵。
  • 籍云々は置いといて、週末だけお泊りでも心は安定します。
  • 又は、時々一緒に食事するような異性がいると孤独感もかなり減ります。

 

50代独身女性がずっとおひとり様だとどうなる?

 

独身女性も、ずっと未婚だった、バツイチ、未亡人と、それぞれ独身でもその過程は違いますね。

 

そうなると、寂しさも生活環境で寂しさや孤独を感じるのが個人差があります。

 

やっと、嫌な夫と離婚できた!

 

そんな女性は、別れることが出来たことが一番うれしいので、まだ寂しいなどはあまり考えません。

 

 

どんな50代独身女性が孤独で寂しいかというと、バツイチでもその後一人が長かったり、未亡人になって年数が経っていると、孤独感が強くなり寂しさを感じやすいのです。

 

 

独身を貫き、一生おひとりさまの人も各地域には結構います。

 

意外とずっと一人だと、そんなもんだと寂しさを感じないという話を聞いたことがあります。

 

ただ、既婚の女性はたとえ今は独身であっても老後は自分の子供や孫にお世話になれる安心感があります。

 

夫も子供もいない老後は、全部自分でやらなくてはなりません。

 

今の時代は体調が悪い時でも行政や、ヘルパーさんに頼むことはできます。

 

 

でも、心の孤独感寂しさは何か対策を打たなければ、老後はもっと寂しくなって来ます。

 

持つものは、心の許せる近くにいる友人。

 

そして、一刻も早くパートナーを作ると気持ちは安らぐと思うのは私だけではないようです。

 

50代独身女性の孤独からの脱却法は?!心を明るくする対策法3選!