未亡人になった時の知っておきたい知恵や経済、老後、生活の情報

突然未亡人になってしまったらどこから何をして良いか戸惑いますね。おひとりさまになった時、病気になったら、老後の心配は?子供の事は?色々な側面で楽しく生活していくための情報を綴っています。

スポンサーリンク

離婚したい!どうやって効率的にお得に離婚をすることができるのか?

世の中、熟年離婚あり~の、熟年再婚あり~の。

 

長年連れ添った夫婦でも、途中かみ合わなくなったり、結婚当初からうまくいかずに結婚生活を送っていた夫婦も少なくありません。

 

離婚したい妻。

離婚したい夫。

 

どっちから切り出すほうが一般的かと、考えると実は夫側から離婚を妻に切り出すことも少なくないのです。

 

双方が結婚生活が破たんしていると感じたら、無理に一緒にいても苦しいだけ。

同居人として、仮面夫婦として離婚しないことも苦しいなら、お得に離婚することを考えましょう。

 

 

離婚の切り出すタイミングや、時期は?

離婚を前々から考えている場合は、いつ離婚したい旨を伴侶に告げようか考えると思います。

 

f:id:navimy:20200117231320j:plain

 

恋愛ではないので傷つけないようにと言った問題ではなく、お互いの将来を見据えた場合マイナス点が多いということをやんわり告げたほうが良いです。

 

マイナス点と言うのは、一緒にいてもこの先いがみ合うだけだったり、信頼感が薄れていたり、死ぬまで一緒に暮らすことの意味を話し合ってみるのです。

 

子供たちも教育は終わって、男と女になった時は一つの節目でもあります。

子供が学校を卒業したら離婚する夫婦もいます。

 

でも、嫌な夫婦で育った子供たちはただ年月を待つだけでいる親のそばでいることは決して幸せなことではないのです。

 

お互いが、もうダメだ!

何しても、もう相手を思う気持ちになれない!

 

そう思ったら、離婚3大原因以外でも別れは仕方のないことです。

 

お得に離婚する方法

だいたい、離婚を切り出したほうが慰謝料を支払って納得してもらって協議離婚するというパターンがもめなくて一番よいです。

 

その慰謝料、財産分与が納得のいくものならこれで離婚は紙切れ1枚で終了です。

でも、こんな慰謝料で離婚は認めたくない!

 

結婚生活は破たんしているし、お互い好きではないとしてももらうものはもらわないと。

 

協議離婚で出されたもらえる資産内容で納得いかないでハンコウを押したら、経済的荒波が待ってます。

 

 

navimy.hatenablog.com

 

 

まずは専門家に相談します。

無料で弁護士に相談してみます。

 

住まいの役所で弁護士の無料法律相談をしています。

又は、法テラスがあります。

 

そこですべて完結するわけではなく、裁判をやって慰謝料を多く取れるよう知恵を貸してもらえます。

 

その場合は、担当弁護士を付けなくてはなりません。

それでも、自分一人で離婚をすすめるよりも相手から多く財産分与をもらえるようになることも少なくありません。

 

弁護士を味方にするのです。

やはり専門家が入ると違います。

 

離婚の相談は友人ではなく、専門家へ

人の不幸は蜜の味。

 

離婚したい自分が友人に「実は離婚したいの」

 

と、話してみたらどうなるでしょう。

よっぽどの信頼関係の友人ではない限り、そこまで親身に話は言いてくれないかもしれません。

 

友人を選んで、この人なら何か良い提案をしてくれそう!

一緒に考えてくれそう!

 

そんな友人に相談してみるのも良いかもしれません。

 

でも、離婚する意志は決めているのですから友人に相談したところで相手は素人。

オモシロ半分に話を聞いている可能性もあります。

 

離婚したい!

出来れば、お得に離婚しさっぱりしたい!

 

そう思ったら、専門家です。

弁護士でもお得意分野が人によって違います。

 

交通事故専門。

テレビで今コマーシャルをたくさんやっている、借金整理の専門の弁護士。

 

いろんな得意分野、又はその分やばかりやっているという弁護士もかなりいます。

離婚の相談をして、お得に考えるなら離婚専門、離婚の相談件数が多い弁護士を探しましょう。

 

熟年の場合の離婚はお金、財産がこの先の生活を支えてくれるものになってきます。

見切り発車で、離婚する前に専門家に相談してお得な方法、いかにたくさんの資産をもらって離婚できるかを考えることが得策です。