未亡人になった時の知っておきたい知恵や経済、老後、生活の情報

突然未亡人になってしまったらどこから何をして良いか戸惑いますね。おひとりさまになった時、病気になったら、老後の心配は?子供の事は?色々な側面で楽しく生活していくための情報を綴っています。

スポンサーリンク

60代独身女性定年女性の老後と生き方、貧困と孤独からの脱却法

60代でめでたく定年になった独身女性は、ホッとする一面これからどうやって毎日を過ごそうと考えている人も少なくありません。

 

目的通り老後資金を貯めて、完全リタイアできる独身女性もいます。

でも、年金を考えるとその資金も少しずつ目減りしそうだという不安もあります。

 

いくら貯まったら、仕事をせずに完全リタイアが出来るのでしょうか?

 

また、定年後の過ごし方で貧困にも悩まないで生きるにはどうしたら良いでしょうか?

 

定年してしまったら社会とのつながりもなくなり、孤独に陥りやすくなります。

60代独身女性の定年後の生き方、過ごし方

何て言っても、独身なのですから一人でなんでも解決しなければなりません。

まずはお金が解決することも多々あります。

 

60代、もう働かないと思う時までいくら位資金が貯まっているかによって、お金の心配は減ります。

 

年金が不足する昨今、老後2千万円を貯めておくのは最低減と言われています。

 

それは夫婦の場合ですが、独身女性も同様年金が一人分なのですから当然毎月の生活費は一人分で暮らしていくことになります。

 

f:id:navimy:20191224184732j:plain

 

健康が続かなくては、医療費がどんどん減っていきます。

健康で無ければ定年後、もし働こうと思っても病に伏せお金は減るばかり。

 

健康な今、60代定年と決めた時に安心する資金を貯めることが自分の老後の安心感を産むことになります。

 

60代独身女性の貧困

60代まで働いたって、お金が貯まっている独身女性ばかりではありません。

 

正社員でずっと働いてきた独身女性と、パートやアルバイトで生活している女性とでは、金銭面で雲泥の差です。

 

日々の暮らしで収入は消えていき、貯金どころではない女性もいるのです。

まさに貯蓄はゼロと言う独身女性は3割もいるというデータが出ています。

 

貯蓄があっても、アクシデントがあれば突然の貧困に襲われて、悲惨な老後を送ることにもなります。

 

60代定年後、アクシデントはどんなことがあるでしょうか?

 

投資の話に騙されて、有り金を使ってしまった!

ということも珍しくありません。

株に手を出して、大金を溶かしてしまったという女性も知っています。

 

私の友人は会社の役員にならないか?

と、話を持ち出され親の財産である貯金1000万円以上つぎ込んでしまいました。

その会社も幽霊会社だったのです。

 

いまだにその女性は独身で契約社員として働いています。

しかも家賃は7万円くらいです。

 

一人で一体いつまで住めるのかも考えなくてはなりませんね。

 

navimy.hatenablog.com

 

老後食べていくのが心配なので、養ってくれる男性を探し婚活をしています。

 

病気になると、お金がかかる

病気でもいろんな病気がありますし、民間療法や自由診療でお金を使ってしまうこともあります。

 

また、保険に入っていなかったため貯めていたお金はどんどん減っていくことも!

 

保険に入る必要がない!

という声が多い昨今ですが、私の友人は股関節が痛くなり手術をし3か月入院しました。

 

その時に保険に入っていて良かったとつくづく話しています。

 

医療保険は入らなく絵もガン保険は入っていたほうが良いの?

最近は保険に入るなら癌保険だけ入っていれば良いという声もあります。

 

ガンにならなければ万歳!

でも癌保険に掛けていたお金は捨てているようなもの。

 

どっちが良いのか、病気になった場合や個々の生活にもよるので一概に言えません。

 

ちなみに私は1年間に2万4千円くらいの掛け捨てのガン保険に入っています。

ガンと診断されたらお金が降りるというものです。

 

これも、貯金がある人は保険に入る必要がないとも言われています。

 

どっちが良いのかわかりませんが、それこそもしものことを考え、掛け捨て保険は月に7~8000円かけています。

 

病気にならずに、健康で過ごすことが貧困に陥らない一つでもあります。

60代からの独身女性の孤独からの脱却

60代になり、定年後は仕事はしなくなり毎日自由。

これは仕事をしているときには、こんな生活が夢。

 

早く定年を迎え、リタイアし自由な毎日を送りたいと思うのが普通かもしれません。

 

でも、今までの仕事をしていた時との遮断が急にやってくると、たちまち孤独感に襲われます。

 

結婚をしていれば、家にいれば夫がいる寂しさから孤独感は感じません。

 

でも独身女性で60代を過ぎると、初老ウツにもかかる人も多くなってくるといいます。

  • 年をとっていく不安。
  • 健康面の不安。
  • 老後のお金の不安。
  • ひとりぼっち、友人のいない孤独感。
  • これから住む家、老後動けなくなった時の介護。

こんなに60代独身女性は悩みが多くなってくるのです。

一つずつクリアしていくしかありません。

 

まずはお金の準備と、病気にならないような生活が基本です。

そして、孤独感からの解放。

 

新しい友人作りがかなりキモになって来ます。

 

地域でのお金のかからないサークルなどに入って、友人を早めに作ったほうが良いです。

 

また、65歳過ぎると夫を亡くし未亡人が増えていくと言われいています。

そんな共通の環境で過ごしている女性と知り合いになることはとても心強いです。