未亡人になった時の知っておきたい知恵や経済、老後、生活の情報

突然未亡人になってしまったらどこから何をして良いか戸惑いますね。おひとりさまになった時、病気になったら、老後の心配は?子供の事は?色々な側面で楽しく生活していくための情報を綴っています。

スポンサーリンク

独身女性の老後を考え、シェアハウスを選ぶ女性が増えている!

今までは、ひとり暮らしが快適だったけどだんだんこのままで良いのだろうかと不安に思ってくると気が来ます。

 

それが、50代位になってから。

 

もちろん個人差があります。

 

でも老後が目に見えて、このまま一人老後を迎えるのはあまりにも寂しすぎる!

 

孤独を感じるんですよね。

 

将来の住処を考える時が来るのです。

 

そこで、元気なうちにシェアハウスと言う選択を考えるおひとり様も増えているのを知ってますか?

 

 

シェアハウスのメリット

若者のシェアハウスもあれば、ある程度の年齢の同性同士のシェアハウスなどもありますね。

 

最近はシェアハウスと言っても、一軒家感覚のシェアハウスも出てきました。

 

f:id:navimy:20191023215024j:plain

 

リビングに集まって、食事を一緒に食べて団欒すれば知らない人同士でも仲良くなり寂しさなんて無くなります。

 

寝る時だって、近くに誰かがいるからという安心感。

 

何かあったらお互い連絡をしましょうなど、連絡網を作ったり食事を一緒に作ったり和気あいあいと楽しい日常を楽しめます。

 

寂しさ、孤独感から解放されるのが一番のメリットですね。

 

老人ホームに入るには若すぎる、そして老人ホームなどの施設などは規定があり自由があまりないのでシェアハウスが天国かもしれません。

 

シェアハウスのデメリット

もちろん、シェアハウスと言えどもデメリットはあります。

 

家賃が安い分、共同の部分が多いので我慢しなくてはならない面もたくさんあります、

 

やりたいように使えないなど、ストレスがたまる部分はあります。

 

ただ、家賃が安いから我慢、

 

寂しくないから我慢。

 

みんなと一緒、孤独なのは嫌だから我慢できるなど等。

 

でも一番は人数があt間れば人間関係がこじれればその住まいにはいることが難しいと言うことになります。

 

シェアハウスゆえ、共同生活なので良いことばかりではないのですよね。

 

また高齢化が進んでいけば、出入りも順次変化も出てきます。

 

シェアハウスはおひとり様におススメなの?

実際私は、友人と将来シェアハウスを建てようかという話もしています。

 

でもそううまくいくかなぁ。

 

navimy.hatenablog.com

 

 

シェアハウス出来るころには、私たちも高齢化しちゃうよ!

 

サービス付き高齢者住宅のほうが安心になっていく年齢になっていくじゃないのかなぁ。

なんて話もしてます。

 

とりあえず、80歳までは自力で頑張ってなんでもやっていきたいね。

 

健康寿命はどうやら過ぎているらしいけど、健康であれば何とかなるんじゃないの?

 

今だって、何だかんだ物欲はあるしさ。

 

 

断捨離しなくちゃいけないと言いながら物欲は止まらないんだもん。

 

いいんだか悪いんだか。