未亡人になった時の知っておきたい知恵や経済、老後、生活の情報

突然未亡人になってしまったらどこから何をして良いか戸惑いますね。おひとりさまになった時、病気になったら、老後の心配は?子供の事は?色々な側面で楽しく生活していくための情報を綴っています。

スポンサーリンク

夫婦二人の生活はやがて未亡人になり、おひとり様の生活が待っている!

夫婦二人で仲睦まじく、病気もしないで老後を過ごしていきたい!

 

そう思うのは、仲良い夫婦ほどそう思います。

 

 

子供が巣立ち、やがて夫婦二人の生活になり、仲良く生活をしていても突然夫が亡くなることがります。

 

 

「いってらっしゃ~い」

 

と、朝、夫を送りだしその日の夜には帰らぬ人に・・・

 

突然死があるのです。

 

 

まさかの出来事に本人も妻もびっくりです。

 

夫婦二人の生活が突然一人暮らしになることとは?

 

私の友人は、元気な夫を朝送りだし「帰らぬ人」になって、突然未亡人になってしまいました。

 

 

子供が一緒に住んでいたり、大家族なら寂しさも深くはなりません。

 

 

navimy.hatenablog.com

 

 

でも夫婦だけの生活だった場合、とても辛いです。

 

f:id:navimy:20200524001720j:plain

 

ずっとこのまま老後は二人でのんびりできると思ったのに。

 

おひとり様になったら、生活はどう変わる?

 

おひとり様に突然なってしまった!

 

まずは心配なのは、経済面ですよね。

 

夫が厚生年金を掛けていたのなら、まずは安心です。

 

 

また家も借家じゃなかったら、25年以上の厚生年金を夫が掛けていたら生活はできます。

 

 

また、退職金も多少入るのなら経済的な心配はないですね。

 

孤独、寂しさが残るだけです。

 

 

平均寿命を考えても男性のほうが短いです。

 

いつも二人だけの生活をしていると、たった一人になってしまいます。

 

 

夫オンリーだった生活は一変。

 

寂しさは極地もしれません。

 

でも個人差があります。

 

 

そして、夫のことがあまり好きじゃなかった、うっとうしかったという場合はかえって女性は生き生きとするとも言われています。

 

おひとり様になって寂しくならないための方法とは?

 

夫と常に一緒は仲良しで嬉しいものですが、いざ一人になった時のことを考えたほうが良いですね。

 

 

地域の人、趣味を作るなど、人との交流は夫がいる時からコミュニケーションを取れるように、社会とのつながりを持っておくことはとても大事です。

 

 

おひとり様の老後にとって大切なのは3つ。

 

  • 健康
  • お金
  • 友人

 

急に友達を作ろうとしても、そんなに簡単には行きません。

 

夫がいる時から、知り合いをたくさん作って置くことがおひとり様になってから寂しい思いをしないですむのです。

 

老後一人の孤独ほど辛いものはありません。

 

もしも、60代ならボランティア、シルバー人材センター、趣味など体の無理のない範囲で交流を持っていることが大事ですね。

 

 

40代でも50代でも同性、異性の友人を作っておくことも必要だと思います。

 

異性の友人はあくまでも友人止まりでね。