未亡人になった時の知っておきたい知恵や経済、老後、生活の情報

突然未亡人になってしまったらどこから何をして良いか戸惑いますね。おひとりさまになった時、病気になったら、老後の心配は?子供の事は?色々な側面で楽しく生活していくための情報を綴っています。

スポンサーリンク

夫が死亡した場合の妻の遺族年金は?これだけで生活できるの?

夫が死亡した時の遺族年金算出法がありますが、とても複雑です。

 

今いま遺族年金をいただいている私が見ても良く分かりません。

 

45歳になった時に、社会保険事務所で算出された年金額をずっと15年間いただいてます。

 

年金をもらう方法を選ぶこともせずそのまま。

 

そして45歳時点で私は遺族年金をもらっている金額で食べていけるかと言うと、贅沢しなければ生活はできます。

 

 

夫が死亡した場合妻はみんな遺族年金で生活できるの?

 

夫が亡くなった時、夫が厚生年金をずっと払い続けて数十年だとしたらそこそこの遺族年金はざっくりと頂けるはずです。

 

私の場合は夫が厚生年金をかけていた年数は25年です。

 

 

 

それでも十数万円もらってます。

 

f:id:navimy:20190703153158j:plain

OLの初任給位?

 

一人暮らしで安い家賃で生活はできるかなと言ったところ。

 

 

navimy.hatenablog.com

 

 

子供が未成年だったらそこにプラスされますが、今回は子供が成人した場合を例に書きます。

 

もしも定年近くまで働いている旦那様がもしものことがあったらもっと遺族年金はいただけると思います。

 

妻が30歳未満だったら遺族年金は5年間で打ち切られます。

まだ働けるからということでしょうね。

 

厚生年金を掛けている年数が足りない場合、お給料が低い場合、ご主人の亡くなった時の年齢が若かった場合は遺族年金は低いです。

 

10万円以下の人も多いのです。 

 

もしも家を買ってあれば、保険でローンが無くなりますから家賃分が楽になります。

 

賃貸の場合は、あぁ家を買っておけば良かったなと言うことになるかもしれないですね。

 

こればっかりはわかりませんから。

 

言えるのは、家にお金が必要としないのであれば遺族年金が10万円以下なら生活はできるということですね。

 

というのも、私の友人の何人かが遺族年金が10万円以下かギリギリ10万円前後。

でも家があるので助かっていると言うことです。

家を無理して買っておいて良かった!

 

と口をそろえて言ってます。

 

遺族年金だけじゃ食べていけない妻

保険を妻が困らないようにたくさんかけてくれたご主人を持った友人がいます。

 

2年前に病気で亡くなりましたが、保険金もたくさん出てもう少しで定年でしたので退職金もおそらくたくさん出たでしょう。

 

大手にお勤めでしたし、厚生年金も40年近く払い続けてきたと思いますので遺族年金も私よりもかなり入っていると思います。

 

もちろん働いてませんし、働く必要もこれからありません。

そして老後の資金を貯める必要もありません。

 

家はありますが、さらにマンションも買いました。

 

まさかのご主人の病気でも、そんなもしもの時に備えてあれば残された妻の経済的な不安は何もなく優雅に暮らすことが出来るんですよね。

 

だいたいがまさか、うちの主人は!

 

でもそのまさかはいつやって来るかわからないのです。

 

私もまさか45歳で未亡人になるとは。

 

貧乏未亡人ですが、遺族年金がOLの初任給位出ていれば良しとしなくちゃ

 

老後おひとり様になった未亡人の老後の生活はどうしたら良い?

 

老後に誰も一緒に住んでくれる人がいなかったら?

 

私のおひとり様の知り合いは先のことは考えないと言ってます。

 

いよいよになったら、住んでいるマンションを売って老人ホームに入ることになるかもしれないと。

 

でも売れる家もなければどうしたら良いのでしょうか?

 

お金もない、何もない。

 

ギリギリまで自力で何とかするしかないんですよね。

 

その後はどうしようも無くなったら、行政が見向きもしないということはないでしょう。

 

誰も何もしてくれなかったら、命の危険性があります。

 

そうなったら大変。

 

親戚、近所の人に連絡を普段からとっておくことは大切です。

 

救急車を呼ぶにしても、おひとり様は近所の人との付き合いの手助けが必要となってくることがあります。

 

 

老後のおひとり様の生活はどうしたら良いのか、そう考えるのは50代後半位になってから。

 

未亡人じゃなくても、バツイチおひとり様の場合も、ずっと独身を貫いてきた女性も老後は不安がいっぱいです。

 

最近よくテレビで見たりする「あなたのお昼ごはん見せてください!」

 

で取材するような複数の家族で住んでいる家庭は望めないおひとり様の老後。

 

幸せそうな大家族を見ると、なんでシニアになっておひとり様になってしまたのだろうと思っている人も少なくはないと思います。

 

未亡人でも子供と同居している人は多少でも孤独感は無く、全くひとりのおひとり様未亡人とは不安感がないようです。

 

やっぱり老後のひとり暮らしは不安なので、未亡人になっても同居できる身内がいるってことは恵まれています。

 

そんな身内がいない時は、近所の人との触れ合いもある程度あったほうがいざと言う時に安心ですね。