未亡人になった時の知っておきたい知恵や経済、老後、生活の情報

突然未亡人になってしまったらどこから何をして良いか戸惑いますね。おひとりさまになった時、病気になったら、老後の心配は?子供の事は?色々な側面で楽しく生活していくための情報を綴っています。

スポンサーリンク

50代60代、今さら医療保険はいらない?!

医療保険見直しして、高い保険入るくらいならもう保険に入る必要はない!

 

お金がある場合の話ですが。

 

 

ファイナンシャルプランナーの方が言ってましたが、月々5000円以上のお金を1年間払って6万円。

 

 

これから何十年払ったら、いくらになる?

 

 

 

入院して何十万も何百万もかかっても、月に9万円弱ですむ高度医療制度があります。

 

 

保険に掛け捨てで入るより、その分貯金に回していたほうがいい。

 

ただし、ガン保険は入ったほうが安心だとアドバイスされました

 

 

昔の使えない古い保険は見直しするより、切り捨てても良い

 f:id:navimy:20190508230959j:plain

私使えない保険入ってました。

 

5日以上の入院に対して保険金がおりる古い保険。

 

 

この保険は切り捨て。

 

 

その代わり、お宝保険なので特約は残しました。

 

 

5年に一度50万円、5年に一度25万円、長寿お祝い金75万円、もしもの時は500万円。

 

これだけはそのままにして、医療保険の部分は切り離すことが出来ました。

 

 

でも、今の医療保険には約2000万円の高度医療保険特約が付いてます。

 

 

私の知り合いはその保険があったからガンの治療を300万円使うことが出来たのです。

 

 

私は、他の医療保険に入りなおしました。

 

 

そこで、医療保険はいらないよという人も多いらしいのです。

 

 

ガン保険はなぜ必要?

 

 

ガンは二人に一人がかかると言われている昨今。

 

 

navimy.hatenablog.com

 

 

もしもかかったら、病気のことも心配ですが、お金のことも同時に心配します。

 

 

ガンによってはかなりお金がかかります。

 

いろんなタイプのガン保険があります。

 

 

入るなら、通院が付いているのが良かったなと医療保険に入った時思いました。

 

その時は気が付かなかった!

 

でも今からだと、入りなおしで保険料は今の年齢での計算になってしまうらしいのです。

 

 

ですので、5年前でしたがガンと診断されたら一括でお金が降りるガン保険に入りました。

 

 

多くはない金額ですが、とりあえず固まったお金が降りれば安心。

 

 

健康が一番なので、掛け捨てだからもったいないとは思いますが安心料ですね。

 

おひとり様は直葬出来るお金があれば死亡保険入らない

 

世帯主や、妻子供がいる場合は死亡保険は必要です。

 

おひとり様の場合は最低限のお金が亡くなる時に残ればいいのです。

 

 

色んな葬儀屋さんがありますが、今は直葬が流行っているらしいですよ。

 

 

間に葬儀屋さんが入らないから安く出来ます。

 

葬儀屋さんが入らなくても、直葬は自分たちで手配が出来ます。

 

 

おひとり様といっても、親戚に前もって何かあったらといろいろと話しておく又は、親しい友人に伝えておくと良いですね。

 

 

詳しいことはわかりませんが、法テラスで天涯孤独の場合の後の相談などアドバイスをしてくれるかもしれません。

 

 

法テラスは無料です。

 

50代60代お金があれば、医療保険をかけ捨てするよりお金を貯める?

 

医療保険を何年も何十年もかけた計算をすると相当な金額。

 

でも使わない限り限り掛け捨て。

 

 

それなら貯金をしたほうが良いと思いませんか?

 

と、ファイナンシャルプランナーの方は言います。

 

 

いろんな意見があるとは思いますが。

 

 

そうは言っても、心配だから私は見直しをしましたが月に4000円弱です。

 

もしもの時の安心料にしては高い。

 

 

でも、今さら辞めて貯金に回したら、あぁ、保険そのままにしておけば良かった!

 

となりそうだから。

 

 

考え方は人それぞれですね。

 

 

でも、若いうちはとっても保険が安いのでガン保険や総合的な保険は入っておいたほうが後が楽です。

 

 

そして出来れば、60歳で払い込み終了。

 

ファイナンシャルプランナーの方に聞くのが一番ですけどね。