未亡人になった時の知っておきたい知恵や経済、老後、生活の情報

突然未亡人になってしまったらどこから何をして良いか戸惑いますね。おひとりさまになった時、病気になったら、老後の心配は?子供の事は?色々な側面で楽しく生活していくための情報を綴っています。

スポンサーリンク

60代独身女性の断捨離はどこからやっていく?明日死んでも困らないように!

60代独身女性の断捨離はどこからやっていったら良いのか、悩みますよね?

 

私は5~6年前からもし、自分が何かあった時のための連絡先を書いて娘に紙を渡しています。

 

現役で働いていないので、友人もそれほどいません。

 

でも、もしもお葬式に誰を呼んだらいいんだろうと子供たちが困るのもアレなんで、ママが死んだら連絡する人と、一覧にいています。

 

そして、もう7年以上音沙汰なしの年賀状は捨てちゃいました。

 

会うこともないだろうなと。

 

60代独身女性の断捨離は自分のことだけやりたいように出来るから楽です。

 

60代何から始めに断捨離する?

 

f:id:navimy:20190423223041j:plain

 

昔のアルバムは全部整理しました。

 

あの厚ぼったいアルバムから、いいのだけ数枚抜き取って。

 

抜き取ったって、また見ることなんてないかもしれないけどね。

 

 

そして、文房具類、鉛筆や、ボールペンの数々。ホッチキスもなんでこんなにあるんだ?

 

そして、CDも何十枚も捨てました。

 

ここでもうかなりスッキリ。

 

そして、ハンカチ。

 

60代位になると、持っているもので、人を判断することってあります。

 

綺麗なハンカチはいつも持ち歩いていよう!

 

ヨレヨレのハンカチはぞうきん行きです。

 

ティッシュケースの中には綺麗にたたんだティッシュを忍ばせておでかけできるようにね。

 

ミニマリストまで行くと、あとで後悔することが多々出てくることもあります。

 

断捨離も人によって、適度にほどほどに。

 

60代独身女性の下着や洋服の断捨離は?

 

私の友人が言ってました。

 

どこかで倒れて、救急車で運ばれて裸にされたとき、下着が汚れていたら恥ずかしいじゃない?

 

下着だけはいつも綺麗にしてお出かけしていくの。

 

そうか。

 

洋服ばかりではなく、下着も綺麗でいたいよね。

 

というわけで、私の洋服ダンスの中はヨレヨレの下着類は一新!

 

本は一度読んだものは捨てる

友人の中でも、一度読んだ本はずっと取っておく人もいます。

 

私は一度読んだらすべてあげるか、捨てちゃいます。

 

その分場所を取るし、紙ダニが増えてハウスダストの原因になります。

 

布団類も、昔のものは全部捨てました。

 

タオル類も少しでも少しでもシミのついているものは、ぞうきん行き。

 

かなりスッキリです。

 

一番厄介なのは洋服。

 

毎年断捨離していて、もう捨てるものないよ~

 

そうなったら、自分の体形に合わなくなったり、あまりにもデザインが自分の年齢についていかなくなった時にリサイクルショップに出してしまいます。

 

 

navimy.hatenablog.com

 

 

あぁ、着たいんだけど、60歳でこんなブリブリの服着られないよなってね。

 

増えるバッグも、何年も使わないのはリサイクルショップです。

 

ただし、冠婚葬祭のだけはいざという時のために取ってあります。

 

私は紙類がとっても多い。

 

それはなぜか?

 

ブログの勉強の資料何です。

 

これは捨てられないから困った。

 

はてなブログ。

 

ワードプレス。

 

今見てもさっぱりわかんな~い。

 

でも、きっといつか捨てることになると思います。

 

私が死んだらブログアフリエイトの権限はどうなるの?

一応、もし私が死んだら、エックスサーバーの契約を解除してね。

 

はてなブログもそのままにしておけば自然と解約になるよ。

 

でも、ムームードメインだけは解約手続きはしてね。

 

と、娘たちに話してもちんぷんかんぷん。

 

娘婿にでも今度詳しく話しておこう。

 

私がボケる前に。

 

そう、断捨離は最低でも60代のうちにね。

 

アドセンスはそのまま私のが契約者を変えれば引き継げると聞いたのですが、今あまりアドセンスそこまで稼げてないので・・・

 

面倒くさいから、アフリは私が死んだら全部破棄してもらって良いと思います。

 

そこそこ稼いでいるなら、生きているうちにブログを売るという手もあるのですが。

 

パソコンのID、パスワードも身内には教えておく必要も手段の一つですね。