未亡人になった時の知っておきたい知恵や経済、老後、生活の情報

突然未亡人になってしまったらどこから何をして良いか戸惑いますね。おひとりさまになった時、病気になったら、老後の心配は?子供の事は?色々な側面で楽しく生活していくための情報を綴っています。

スポンサーリンク

アパート代1k6万円の部屋借りるよりも私は古い500万円のマンションを買う!

友人のまた友人が駅近くの小さなアパートを探しているとか。

 

たまたま不動産に精通している人が情報を流してくれた中に、6万円の1kのアパートがありました。

 

駅から7分。

 

便利。

 

綺麗。

 

1年間で72万円捨てるのかぁ・・・

 

方や、数年前にボロだけど駅から8分の所に古いマンションを500万円で買った訳アリ女性がいます。

 

私はこっちに一票入れるなぁ。

 

 

探せばある1000万円以下の分譲マンション

 

f:id:navimy:20190224110645j:plain

 

私は駅から12~3分の所に住んでます。

 

 

親の家で、ありがたいことに固定資産税分位の家賃しか払ってません。

 

 

その代わり介護してるもんね。

 

 

おひとり様がどこかに住むとき、たった一人の場合はすべて家賃を払っていかなければなりません。

 

 

親と一緒なら、年間最低60~70万円は浮きます。

 

 

もしもそれが5年続いたら?

 

 

仮に6万円だとすると、72万円×5年で360万円

10年住んだら、720万円。

 

 

2年ごとの更新があるから、800万円くらい行っちゃいますね。

 

女一人、狭い部屋だって良いんですよね。

 

 

それより、老後のお金を貯めなくっちゃ。

 

 

800万円で分譲マンションは広告でいくつも見かけます。

 

 

古屋付き一軒家も1000万円以下で探せば結構あります。

 

 

私はこっちのほうがいいなぁ。

 

不動産を買う場合、現金で買うか、OLで定職についているか?

 

60歳前はおひとり様の女性にも、割と簡単に貸してくれます。

 

60歳過ぎてからだと、中々貸してくれない大家さん、不動産会社が多いことも視野に入れておいたほうが良いです。

 

 

ただし、マンションか家を自力で買えるのであれば現金で頑張って購入すれば大丈夫!

 

現金で買うには、ちょっと足りない?

 

 

少し現金を残しておきたい場合は、OLさんなどしていればローンが通るはずです。

 

もしもマンションなり不動産を購入予定なら定職についているうちに予定を組んでおきましょう。

 

 

一度、定職から離れてしまうと、銀行ではローンが通らなくなってしまいます。

 

自力で現金でまとめて払えるのであれば、何の問題もありません。

 

 

あとは、その後の自分の生活していけるかどうかの心配だけしてけば良いのです。

 

 

毎月6万円捨てていくよりも、10年ちょっとで自分のものになり、その後は家賃が発生しないほうがずっといいですよね。

 

 

ただ自分のものになったということでも、マンションの場合は管理費の問題も出てきます。

 

賃貸でも更新費用が出てくるので、そのあたりは同じようなものです。

 

 

一軒家の場合は、屋根裏がどうの、風呂釜が調子悪いなど出て来たら、その都度考えていかなくてはならないのです。

 

 

どちらにしても、家のメンテナンスの費用のことも頭に入れておいたほうが良いです。

 

 

でも、500万円で買って、もしも人に貸せたらラッキーですよね~。

 

 

おひとり様のサイドビジネスの一つとして、家賃収入で稼いでいる女性もいるんですよ。

 

あぁ、羨ましいなぁ。

 

 とにかく、節約して家賃を浮かせなくてはね!

 

↓↓↓

 

navimy.hatenablog.com