未亡人になった時の知っておきたい知恵や経済、老後、生活の情報

突然未亡人になってしまったらどこから何をして良いか戸惑いますね。おひとりさまになった時、病気になったら、老後の心配は?子供の事は?色々な側面で楽しく生活していくための情報を綴っています。

スポンサーリンク

遺族年金が少ない未亡人の再婚のリスクとメリットとは?

遺族年金の多い未亡人はあまり悩まないんです。

 

もちろん夫が亡くなって寂しいですが、

お金を遺してくれて遺族年金もそこそこあれば再婚なんて考えません。

 

彼氏はいてもいいけど、再婚する気なんか起きないのが普通と世間一般では思われています。

 

でも中には貧乏未亡人もいます。

私貧乏未亡人。

 

そんなお金のない未亡人の再婚についてのリスクとメリットとについて考えていきます。

 

 

遺族年金の少ない未亡人はいくら位もらって生活しているの?

f:id:navimy:20190111144443j:plain

 

遺族年金が少ない場合でも働いていない未亡人もいます。

 

私の知り合いは月に9万円の遺族年金だけです。

 

家は夫が遺してくれたので、ローンはなし。

 

自分が食べる分だから9万円の年金でも貯金はできるとのこと。

 

だから、9万円に遺族年金でもやってけるから働かないのだそうです。

 

貯蓄はどの程度あるかは聞いてませんが、

50代後半の彼女は今更再婚する気がないそうです。

 

9万円でも生活できるから。

 

50代後半から新しい人との結婚は自信がない。

 

一人が楽だし、いま生活に困っているほどではないし。

 

10万円以下の年金でも家さえあれば、遺族年金だろうが公的年金だろうが生活はできるんですよね。

 

ただし、アクシデントがない限り。

 

大きな病気、怪我、身内の介護、詐欺。

 

何が起こるかわかりません。

 

お金も貯めたいところですが、

 

この年齢なので、投資はハイリターンハイリスクは絶対に反対です。

 

というよりも、リスクのある商品で財産を増やすのは年齢的におすすめしません。

 

心が追いついていきません。

 

年齢も間に合いません。

 

お金が余ったら、金利が無くても普通に貯金をするのが一番安全策です。

 

 

navimy.hatenablog.com

 

貧乏未亡人の再婚のメリット

貧乏未亡人は、老後のことも心配です。

 

まして住む家が持ち家ではなかった場合などは、

この先どうしようと思いますよね。

 

未亡人でも再婚している女性はたくさんいます。

 

貧乏未亡人の場合は、遺族年金が微々たるものなら

再婚したほうがメリットがありますよね。

 

 

パートナーが出来れば、精神的にも安定しますし貧乏ともおさらばが出来ます。

 

とは言うものの、もしも再婚してうまくいかなくて

離婚になったら少なかろうが遺族年金は全く国から出なくなります。

 

 

未亡人の再婚は慎重に!

 

金持ち未亡人の再婚のリスク

 

金持ち未亡人はお金があるから、

結婚してパートナーに金銭的に面倒を見てもらう必要性を感じません。

 

 

一人で余裕で食べていけますから。

 

もしも再婚してしまう時のリスク

 

  • 遺族年金がなくなる
  • もしもの時は相手に自分の財産の半分がいってしまう
  • 再婚が失敗し離婚したら遺族年金は全く入ってこなくなる
  • 働かなくてはならなくなる

 

未亡人の再婚しないデメリットは孤独

 

未亡人で、再婚したほうがメリットを感じる女性は再婚を選択するのも一つです。

 

でも、私の知り合いのお金のある未亡人はご主人以上の人はこれからも現れないだろうと言っています。

 

そして、お金も財産も遺してくれたから、再婚もしないと言ってますししたらリスクは相当なものです。

 

この先どうなるかはわかりませんが、再婚のリスクは未亡人は高いのは確かです。

 

お金があって、自由でも未亡人は孤独!

これが一番のデメリットでしょうね。