未亡人になった時の知っておきたい知恵や経済、老後、生活の情報

突然未亡人になってしまったらどこから何をして良いか戸惑いますね。おひとりさまになった時、病気になったら、老後の心配は?子供の事は?色々な側面で楽しく生活していくための情報を綴っています。

スポンサーリンク

十朱幸代さんは西城秀樹さんと結婚寸前だった!いくつになっても年下キラーでいるための秘訣とは?

びっくりしました。

 

ヤフーニュースで十朱幸代さん75歳が以前に(故)西城秀樹さんと結婚寸前までの恋仲だったとは。

 

 

西城秀樹さんとは一回りも違います。

 

 

それでも秀樹さんは十朱幸代さんに恋をしていたんですね。

 

そんな年下から恋をされる秘訣って何なのか、

 

未亡人の私はまだあきらめないで恋をできるのか少し希望が持てるのかしら?

 

 

愛し続ける私と言う本に綴られた意味とは?

f:id:navimy:20181005230658j:plain

十朱幸代さんが集英社から本を出版しました。

 

その名も「愛し続ける私」

 

 

75歳にして、愛し続ける私です。

 

普通に考えて、孫がいるおばぁちゃんの年齢。

 

 

もしかしたら、男なんかもう自分の人生からとっくに消えてるわ!

 

って思っている人のほうが多いかもしれません。

 

 

きっと私もそうなりそう。

 

私、あと10年したら、いや、あと5年もしたら男性はお茶飲み友達もいらない!

 

 

女性といたほうが楽しい!

 

 

と思うんじゃないかなと思いそう。

 

でも、それじゃ寂しいか!

 

「愛し続ける私」

 

と言うのは、異性に限ったことではないのかなぁ・・・

 

ペット?

 

わからないなぁ。

 

 

でも、十朱幸代さんは75歳にして十分すぎるくらい素敵な女性です。

 

 

まずは、歯や歯茎が綺麗なのですって。

 

 

私はブリッジや、人工の歯ばかり。

 

こればっかりは生まれつき弱いからしょうがない。

 

年下キラーでいるための秘訣は何?

 

年下キラーなんですよ、十朱幸代さんは。

 

だって、可愛いですもの。

 

 

どちらかと言うと、姉後肌ではないですから。

 

 

男性から見たら、守ってあげたい存在です。

 

 

いくら年が上でも、支えてあげたい。

 

いつも一緒にいてあげたい、離れたくない!

 

 

そんな魅力を持った女性ですね。

 

75歳にしてもなお、いまだにそんな魅力を持ってます。

 

 

このブログは50代~60代の方に向けたブログですが、

 

考えてみたら75歳なんてまだまだです。

 

 

ということは、まだまだ年下キラーになれるというわけです。

 

 

自分はやっぱり年上が良いわ!

 

という人は、それでもいいのですが、

 

やはり男性は甘えてくれる女性に弱いんです。

 

 

年上だろうが年下だろうが、甘えてくれる女性が好き♡

 

 

外見もモノトーンなんて着ちゃダメ!

 

 

ピンク、水色、黄色、オレンジ等淡い色を着て、薄いお化粧をしていつも寄り添って腕を組んでみてみて。

 

 

もちろん好きな人だけに。

 

 

嫌な人にそんなことをしちゃだめよ!

 

 

勘違いされたら後が大変だから。

 

 

navimy.hatenablog.com