未亡人になった時の知っておきたい知恵や経済、老後、生活の情報

突然未亡人になってしまったらどこから何をして良いか戸惑いますね。おひとりさまになった時、病気になったら、老後の心配は?子供の事は?色々な側面で楽しく生活していくための情報を綴っています。

スポンサーリンク

年金13万円の生活保護苦しいの?未亡人は9万円でも生活してるよ!

生活保護が13万円が平均だと聞きました。

 

そして、私の知り合いの未亡人は月にすると9万円の遺族年金が振り込まれています。

 

家賃は旦那様が遺してくれたおかげで家は残り、大変助かったと言ってます。

 

 

9万円で一人なら十分に生活出来ると話している未亡人の友人。

 

ユーチューブで見ると、13万円で悲惨な老後生活という内容がたくさんありますね。

 

 

いったいそれはどういうこと?

 

生活保護13万円は多いの少ないの?

 

f:id:navimy:20180814095505j:plain

生活保護費は約13万円。

 

 

そして、60歳の女性が40年間厚生年金を払って65歳になった時にもらえる平均的な年金は13万円。

 

 

未亡人になって多い人で13万円の遺族年金。

 

これってどういうこと?

 

 

働かなくても13万円もらえるって素敵じゃん?

 

病気で働けないのはやむを得ません。

 

 

でも、腑に落ちないと言っている人はけっこう私の周りにいますよ。

 

働くところがないんだからしょうがないんじゃない?

 

 

それもわかります。

 

一生懸命働いて、やっと8万円のお給料の人もいます。

 

 

生活保護をもらうことなんて、嫌だと国民年金で暮らしている人もいます。

 

これまたどうやって暮らしているのか、不思議ですが。

 

9万円の生活費で暮らせるよ!

 

私の未亡人友は、御主人が亡くなった時、家を買ったのでそれは助かりました。

 

でも、遺族年金は9万円です。

 

 

今働く気はないそうです。

 

なぜなら、9万円で生活できるから。

 

 

保険金もかけてなかったそうです。

 

それでも一人暮らし。

 

 

そんなに食費もかかりません。

 

ペットも飼ってません。

 

 

カルチャーも2つばかり習っています。

 

おそらく2つで月に1万円いくかいかないかでしょう。

 

それでも貯金しているというのですから、やりくりが上手なのかな。

 

月に10万円収入があれば貯金は数万円できる

どんなやり節約の仕方をしているのか、その未亡人の友人は9万円でも数万円の貯金が出来ているそうです。

 

私は車を持っているので、中々その方とは同じようには行きません。

 

月に換算すると2万5千円位の差は出てきます。

 

 

その分生活が足りなくならないよう、このブログ、あのブログで収入を得ています。

 

たかが、ブログされどブログ。

 

 

長くブログを書いていると、どんな生活スタイルをしているのか気にかけてくれて読んでくれる方がいるのでありがたいですね。

 

 

きっと同じように未亡人の方や、おひとり様の方かな。

 

余裕がある生活をするには15万円もいらないでしょ?

 

巷では余裕がある!

 

と、いいますか普通におひとり様シングルで15万円の生活費が月にかかると言われています。

 

 

でも、実際はそんなにかからないと思います。

 

家賃の問題でかなり金額が変わってくるんですよね。

 

 

知り合いのシングルの50代後半の女性も派遣でお仕事をしていますが、

 

母一人子一人でずっと親の家に住んでいるので、家賃の心配は今後ないのです。

 

 

そこで最低でも5~6万円は違うでしょう。

 

 

でもメンテナンスはいつしか必要になることもあります。

 

さてさて、でも生活保護の13万円は遺族年金よりも高いということですので、

 

そこをどう思うか、人によっていろんな意見が飛び散っているのは確かですよ!

  

 

 

navimy.hatenablog.com