未亡人になった時の知っておきたい知恵や経済、老後、生活の情報

突然未亡人になってしまったらどこから何をして良いか戸惑いますね。おひとりさまになった時、病気になったら、老後の心配は?子供の事は?色々な側面で楽しく生活していくための情報を綴っています。

スポンサーリンク

50代、60代独身女性の断捨離の意味!生前整理をしてます私

断捨離は30代40代の女性の中でも今大流行。

 

  • 綺麗を保ちたい
  • 良い気が入ってくる
  • お金が貯まる

 

そのほか断捨離をする事のメリットはたくさんあるので、実行している人は多いですね。

 

50代60代の断捨離はまた全然意味合いが違ったものになります。

 

生前整理を考えての断捨離をやりましょうとのファイナンシャルプランナーの方のアドバイスを教えていただきましたよ!

 

いつ死んでも家族にわかるように書類を整理しておく

 

f:id:navimy:20181014222553j:plain

50代、60代のおひとり様の独身女性は兄弟姉妹又は、子供に自分にもしも何かあった場合のことをそろそろ託しておいたほうが良いですね。

 

私は、もしも自分が死んだら連絡してほしいリストを娘に伝えました。

 

  • 生命保険は何に入っているか、
  • 銀行はどこの通帳を持っているか
  • 株は今やっているか
  • 証券会社との付き合い
  • 郵便局にお金を預けているか

 

娘が金融関係の仕事をしているので、しょっちゅう相続関係ではてこずるのを見ている

 

そうです。

 

通帳とクレジットカードの断捨離

 

通帳はたくさん持たないでね。

クレジットカードもたくさん持ってないよね。

引き落としはたくさんあるの?

 

昔なら通帳から引き落としで出来たものが、今はほとんどクレジットカードを通さないとできないものが増えてきてとても面倒です。

 

出来れば、全て現金で済ませたい私にとって、クレジットカードは本当はいらないんです。

 

この先途中でクレジットを使わないような生活にできるか、考えてみようと思います。

 

少なくとも、70代の声を聞く前にクレジットカードは返却するのが夢です。

 

50代60代女性の断捨離と生前整理

 

50代60代になったら、とにかくものを増やさないこと。

 

一部の女性を除いて、なぜか急に50代後半ともなると物欲が減って来ます。

 

洋服とか欲しいと思わなくなってきた!

と、私の友人も声をそろえて言います。

 

買うのは消耗品だけで良いですね。

 

50代60代の断捨離は物を減らし、これがなくても生きていけるという極限までやっても良いんです。

 

でもなかなか出来ませんけどね。

 

いつ何が起こってもおかしくない?

 

まだそう思うには早いのですが、初老と言われる年代の50代60代。

 

そうなると、残された家族が少しでも遺品整理を少なくて済むようにしてあげなくてはいけないんですよね。

 

そのあたりが普通の断捨離とは違うのです。

 

50代60代のおひとり様は生前整理をしよう!

断捨離をしながらふと考えること、それは何?

 

下に続く家族がいない!

 

子供を産んで離婚した女性や、死別の女性!

 

それぞれ立場は多少違います。

 

この辺りもファイナンシャルプランナーに聞いてみましょう。

 

  • 葬式代の準備
  • お墓はある?
  • 永代供養?
  • 墓移動?

 

どちらにしても、お墓に関することはかなりお金がかかります。

 

数客万円の世界です。

 

お墓はあるけど、中々問題もあるためうちは考えなくてはならないのです。

 

私一人なら、樹木葬が良いのにな。

 

古い親に家に住み続けることが出来るのか?

古い親の家に住んでいるけど、建て替えが必要な位になって来たらどうしようかと思います。

 

地震でも来たら、ぐにゃって行っちゃいそうです。

 

  • 親もいくつまで生きているのか・・・
  • 親が死んだら、売るのか?
  • 売れるのか?
  • こんな大きな家に住みたくない!

 

自慢じゃないんです。

 

メンテナンスも、固定資産税もかかるし、一人になったらと思うとぞっとします。

 

50代60代で母子で住んでいる独身女性はそんな悩みを抱えているようです。

 

本当に寂しいのは親が死んで独りぼっちになった時。

 

ぽつんと、心に穴が開きこの家に住み続けることが出来るのかと思います。

 

売って、小さなマンションを購入

 

ギリギリまで親の家にいて、家賃をかけない住まい方を水曜しているファイナンシャルプランナーもいました。

 

後者のやり方は利口なやり方だと思います。

 

ずっとは出来ないとは思いますが、家賃がかからないもしくは気持ち程度の所に住むことが出来るなんて最高です。

 

1年間5万円の家賃が発生するところに住んでいたら、60万円貯金で来てしまいます。

 

悩みどころではあるんですが、親が生きている以上現状維持かな。

 

年間10数万円で住まわせてもらえているんだし。