未亡人になった時の知っておきたい知恵や経済、老後、生活の情報

突然未亡人になってしまったらどこから何をして良いか戸惑いますね。おひとりさまになった時、病気になったら、老後の心配は?子供の事は?色々な側面で楽しく生活していくための情報を綴っています。

スポンサーリンク

ダンスで半月板損傷と診断されました!長友選手、東原亜紀は保存療法?澤穂希高橋大輔は手術

まさかの半月板損傷の結果がMRIの診断結果にてわかりました。

 

おひとり様の病気と怪我は本当に困ります。

 

ひとりで車を運転して病院へ。

 

あぁ、辛い。

 

もしかしたら、そうかも?

 

ネットで情報を見て、この症状はもしかして半月板損傷かなぁ?

 

と思ったら、その通りでした。

 

最近は片岡鶴太郎さんが、変な動きを稽古中にして半月板損傷を痛めたとネットで見たばかり。

 

鶴太郎さんは手術をされ、今はリハビリをし松葉づえはついているものの仕事はバリバリやってます。

 

 

ダンスで半月板損傷するの?

 

f:id:navimy:20181008194944j:plain

 

私は、スポーツクラブのズンバと言うラテン系の種目で今回の半月板損傷の怪我をしました。

 

ズンバに限らず、ダンスで半月板損傷をする人は時々いるんですね。

 

 

特にインストラクターの方は手を抜きませんから、けっこうけがをして手術をしてまでインストラクターをしている方もいるのだそうです。

 

 

脚を無理にひねったりする動きをすると、まさかの怪我をする事もあるんですよね。

 

その時は平気だし、やったほうがストレッチになるんじゃないかな?

 

体のためにはしなったほうが良いのじゃないかな?

 

って思ったわけです。

 

それが逆にこんな怪我をする羽目になったとは!

 

 

ダンスでまさかの半月板損傷した私ですが、たまたまのダンスの動きが膝にムリのある動きだったんです。

 

ダンスをやっている人が皆、半月板損傷になる危険性があるわけではなく、妙な動きややり過ぎが良くないんです。

 

私はインストラクターの方の動きと同じことをしたのですが、他の方は大丈夫なのに私だけ怪我をした!

 

ということは、私自身少し変な足の動きをしてしまったということなのかなと思います。

 

スポーツクラブに通い出したのも、若くない体を何とか老化を遅らせるため。

 

楽しくてジムに通うのではなく、健康のためだったんです。

 

なのに怪我をしてしまいました。

 

半月板損傷はスポーツ選手等に多い怪我。

 

ダンス、バレー、サッカー、特にサッカーが多いです。

 

半月板損傷になったら手術か保存治療か?

 

私の場合は、MRIで診断結果が半月板損傷と出て、これからリハビリに入ります。

 

最初の頃は歩けませんでした。

 

今はだいぶ良いです。

 

一か月後に診察になります。

 

その時までリハビリをして、様子見をし少しずつでも痛みが引いて来たら手術はしないと思います。

 

日常に支障がある、または痛みが変わらない場合は手術になりそうです。

 

MRIの画像を見て即手術と診断される場合もあると思います。

 

私は微妙な線なのか、どうなかわりませんが、手術は避けたいですね。

 

重症でなければ、手術をしないで保存両方で様子を見ると言う治療(リハビリ)が主流になっているようです。

 

このまま保存治療でリハビリでよくなるか、手術になるか神のみぞ知ります。

 

 半月板損傷の保存療法で回復した有名人は長友選手、キャシー中島、東原亜紀

 

今回、半月板損傷になりいろんなことをネットで調べたら、有名人も半月板損傷で手術をしていない人がいました。

 

一安心。

 

長友選手は手術をしない保存療法で半月板損傷に打ち勝ったそうです。

 

 

その代わり、その後の激しいサッカーに戻ることを考えると相当なリハビリをしたと思われます。

 

 

東原亜紀は日常のちょっとした子供とのことで、半月板損傷。

 

 

手術はしなかったそうですが、リハビリもどの程度だったのか知りたいところです。

 

 

さて、半月板損傷は中高年い熟年の女性にも見られる怪我です。

 

何をしたというわけではなく、自然と。

 

一種の加齢ですね。

 

 

貧乏ゆすりが半月板損傷に良いそうですよ!

 

やはり半月板損傷と診断されたキャシー中島さんは、貧乏ゆすりで自分でリハビリを気になるとやっているそうです。

 

半月板損傷で手術した有名人

 

半月板損傷で手術した有名人は最近では2018年9月鶴太郎さん。

 

ブログにはまだ生々しく杖も手術で摘出した半月板も映ってます。

 

サッカーの澤穂希選手、スケートの高橋大輔選手、バレーの熊川哲也さんは手術をしました。

 

手術をしたほうがはやく現役に戻れるという利点があるそうです。

 

でも、手術は嫌ですね。

 

激しいスポーツ程重症です。

 

おそらく東原亜紀さんや、キャシー中島さんはそこまで重症ではなかったのではと思います。

 

私はどうだったのだろう?

 

程度はどうなのですか?

 

と聞いたのですか?

 

整形外科医ははっきりと答えてくれませんでした。

 

まずはリハビリをしてくださいって。

 

なんだか、腑に落ちませんねぇ。