未亡人になった時の知っておきたい知恵や経済、老後、生活の情報

突然未亡人になってしまったらどこから何をして良いか戸惑いますね。おひとりさまになった時、病気になったら、老後の心配は?子供の事は?色々な側面で楽しく生活していくための情報を綴っています。

スポンサーリンク

60代の断捨離は体力のあるうちに始めよう!部屋の中はいらないものだらけ

50代の断捨離と60代の断捨離は訳が違います。まずは60代になるとかなり体力が落ちてきます。

 

それと共に、人生での必要でないものを断捨離することをリアルに考える時期になって来ます。

 

70代になったら、何が起こるかわかりませんし、それこそ60代よりももっと体力は落ちてきます。

 

主婦も未亡人もおひとり様も60代になったら案外部屋をお見まわすと、いらないものだらけです。

 

60代の断捨離は体力のあるうちに!

 

60代の断捨離は簡単

 

60代の断捨離は年齢が若い人よりも簡単です。

 

人生の後半に向けて整理をしていくので、どんどん捨てていく方向に向けていきます。

 

 断捨離出来ないのは、これが原因の場合も!

navimy.hatenablog.com

 

部屋を見てみると、無くても生活が出来るものがあふれかえっているのです。

 

f:id:navimy:20180917184458j:plain

食器だって、そんなに必要なのがわかると思います。

 

断捨離に目覚めている人はまずは、食器を捨ててます。

 

そして洋服や、靴、バッグを捨ててます。

 

本、雑誌、CD、売っちゃいましょう。

 

かなりスッキリします。

 

そこの場所代を計算したら、坪数いくらかかかっていたかと言う計算になりますよね。

 

若いころなら、今日は今日はこのCDを聴こう!

 

等思いますが、今はアプリで聞くことが出来るのでCDも増えませんね。

 

出来るだけものは増やさないことです。

 

60代の体力のあるうちに出来る断捨離

 

70代になって難しくなって出来なくなる断捨離も、60代ならまだ出来る片付けもありますよね。

 

場合によっては家具類を減らす人もいます。

 

テーブルはリビングにはおかない。

 

電子ジャーは断捨離をして、その都度土鍋で炊く、そして冷凍。

 

私も電子ジャーは捨ててしまいました。

 

その分キッチンが広くなりましたよ。

 

重いものを60代のうちに片づけてしまいましょう。

 

厚みのあるアルバム類は撤退。

 

ドレッサーを処分しようか今迷っています。

 

お化粧するときは、ドレッサーは今は使っていませんからね。

 

アクセサリーを置いているだけの場所になっています。

 

収納場所が多いとついつい、物も増えてしまうんです。

 

70代になると、60代よりも思考能力も若干落ちてきます・・・と言うか面倒くさくなるんです。

 

親を見ててそう思います。

 

まぁ、いいかかってね。

 

だからこそ、60代のうちに体力と気力があるうちに断捨離をして部屋の中をすっきりさせたいです。

 

今は断捨離とミニマリストと言う言葉が流行ってますが、60代以降の人にとって流行りではなく、切実に行動を起こすべきことなのです。

 

私は未亡人なので、夫が亡くなったあとに断捨離もしました。

 

navimy.hatenablog.com

 

引っ越しをするつもりで断捨離をしてみる

 

実際に引っ越しをすると、かなり捨てるものが出てきます。

 

引っ越しをするつもりでは中々捨てる勇気は起こらないのですが、

 

年齢を考え、そして後に残る人のことを考えると60代は断捨離を本気モードでする年代でもあります。

 

30代、40代の人たちが断捨離やミニマリストで綺麗にシンプルなお部屋を目指そうと言う観点とはまた違い、60代と言う年齢だからこその断捨離なのです。

 

60代のうちに断捨離をして、部屋の中を片付けてみませんか。