未亡人になった時の知っておきたい知恵や経済、老後、生活の情報

突然未亡人になってしまったらどこから何をして良いか戸惑いますね。おひとりさまになった時、病気になったら、老後の心配は?子供の事は?色々な側面で楽しく生活していくための情報を綴っています。

スポンサーリンク

夫が亡くなった後の断捨離、捨てていいものいけないもの

断捨離と言う言葉が流行って10数年。

 

私の夫が亡くなった14年前はまだ断捨離と言う言葉やミニマリストと言う言葉はありませんでした。

 

単なる片付けだけ。

 

夫が亡くなって、未亡人になったらなるべく思い出とともに残すものは最小限にして捨ててしまたほうが良いです。

 

でもいざと言うときに残しておいたほうがいものもあります。

夫が亡くなった時思い出はどこまで残す?

夫が亡くなった年齢にもよりますが、思い出のアルバムは一通り目をとしたら整理すると良いですね。

 

そして、数枚程度残して後は処分しました。

 

これは断捨離と言う意味も含め、自分や子供の写真もかなり捨てました。

 

私が死んだら誰が見る?

 

まずは思い出から処分することです。

 

子供たちは自分たちのこれからの未来があります。

 

私たちは過去のもの。

 

少しずつ断捨離をしてあげて、物を少なくしてあげるのも愛情かなと思ってます。

 

お金以外ではね。

 

夫が亡くなって捨てて良いもの

夫が亡くなって捨てて良いものは、洋服類など。

 

身に着けていたもので良いものは、これは夫の兄弟に形見分けなどが出来たら良いですね。

 

遺して当ても辛いので、洋服や靴、バッグは処分したほうが良いです。

 

病気で亡くなった場合、今までの飲んでいた薬、サプリなども辛いも取っておくと辛い思い出になってしまします。

 

極力、夫が亡くなった場合捨てるほうが良いです。

 

寂しいだけ。

 

そしてもしかしたら、次の恋に発展するかもしれないのにそんな気持ちにさえならないで一生終わってしまいます。

 

夫一筋で一生を若くして終わるのも人生です。

f:id:navimy:20180916105126j:plain

 

私も44歳でそのまま15年近くたちましたが、これで良かったのか・・・

 

今になってずっと一人で良かったのか、寂しさが時おりこみ上げてきます。

 

夫が亡くなてもしばらくは捨てないほうが良いもの

 

夫の手帳、名刺、診察券など等。

 

どこで連絡が必要になってくるかわかりません。

 

夫が亡くなて15年近く経つのにいまだに夫の手帳や、名刺は取ってあります。

 

もしかしたら、もう必要のない時期に来ているかもしれません。

 

病院のカルテは5年で破棄すると言ってますね。

 

私は約15年。

 

そのほかは夫の物はほとんどありません。

 

あると言えば、写真が数枚です。

 

断捨離は夫が亡くなった後も続く

断捨離は夫が亡くなっても、自分が生きている限り永遠と続けなくてはものが増えていくばかりですね。

 

ものが増え過ぎると幸運は逃げると言います。

物に囲まれていたほうが落ち着くという人もいますが、実際は運はそうではないそうです。

 

いつも綺麗に片付いている部屋に幸運はやってきて、金も貯まると言われています。

 

未亡人になってしまって、老後の不安はあります。

 

でも断捨離と言う魔法を使って、どこまで幸運がやってくるか毎日少しでも綺麗を続けていきたいですね。