未亡人になった時の知っておきたい知恵や経済、老後、生活の情報

突然未亡人になってしまったらどこから何をして良いか戸惑いますね。おひとりさまになった時、病気になったら、老後の心配は?子供の事は?色々な側面で楽しく生活していくための情報を綴っています。

スポンサーリンク

熟年結婚で幸せになるコツとは?再婚で失敗しないためには相手選びも重要

熟年再婚も熟年離婚も多い昨今。

 

バツイチ再婚や死別再婚も増えてきています。

 

うまくいくカップルもあれば、熟年になってからの再婚はやっぱり難しかったと離婚する夫婦もいます。

 

未亡人になってからの死別再婚の場合などは特に慎重にしないと経済的な損失は大変なことです。

 

どちらにしても熟年で結婚するにはお互いが幸せになりたいからこそです。

 

熟年結婚で幸せになるコツにはいくつか大切なことがあります。

 

また再婚で失敗しないためには相手選びもかなり重要です。

 

 

f:id:navimy:20180606102043j:plain

熟年結婚で幸せになれる人の考え方

 

熟年結婚で幸せになるんだと胸に誓っても、現実はそううまくはいかなかたということがあります。

 

なぜ熟年結婚して幸せになるカップルと別れてしまうカップルがいるのでしょうか。

 

現実と理想があまりにも違うからなんですよね。

 

熟年結婚は最初から理想を高く持たないことが幸せになるコツです。

 

二人でいるだけ、それで良い。

 

何かあれば助けてくれる。

 

そばにいつもいてくれる孤独感のない生活

 

経済的に困窮するほどの結婚生活は考え物ですが、そうじゃない場合は相手の男性がたとえハゲでもデブでも良い!

 

そう私は思います。

 

大切にしてくれる人との巡り合いはそうそうないんです。

 

熟年結婚しても離婚をしたくなる理由

 

f:id:navimy:20180423093512j:plain

 

熟年で結婚する場合は、若いころに結婚するのと違い、お互いの生活基盤やら考え方が固定しているので中々相手に合わせていくのが難しいんですよね。

 

 

女性側の理想や条件が高いと現実との差を感じてしまい、結婚がうまくいかないパターンがあるのです。

 

 

何となく再婚する前はわかっていても、いざ一緒に生活してみると

 

「こんなはずじゃなかった」

「こんなに窮屈なの?」

「思ったほど経済的ゆとりがない」

「孤独から解放されると思ったけど、一緒にいても寂しさを感じるのは何?」

 

そう思いだしたら、負のスパイラル。

 

「もう無理だわ」

「一緒にいたくない」

「別れるなら早いほうがいい」

 

と思ってしまい、相手と別れる話し合いをします。

 

相手だって熟年になって結婚したまだ浅い夫婦だから、「別れたくない」

なんてて強くは思わないんですよね。

 

若ければ何とかなることでも、ましてや二人の子供がいたりすればそう簡単に離婚はしませんが、熟年の結婚では我慢してまで一緒にいたくないという思いも強くなります。

 

再婚で失敗しないための相手選び

 

別れたくなるのは男性側にかなり原因がある場合も!

 

結婚で幸せになるのは相手選びの選択次第なんですよね。

 

 

熟年で再婚する場合はかなり相手選びは重要になって来ます。

 

 

下記にあげる内容は女性をこのように思っているダメパターンな男性です。

 

 

このような考えを持っている男性は結婚相談所の中にも、婚活パーティの中にもいます。

 

飯焚きばぁさん

 

掃除をしてくれる家政婦代わりの人

 

自分の健康を考えて料理をしてくれる調理師

 

生活費を渡せば、なんでもいうことを聞いてもらえると思っている男性

 

妻が体調が悪くても、あまり心配をしてくれない人

 

口うるさい、神経質

 

ケチ

 

熟年結婚で幸せになる最大のポイント

結婚しようかなと思う男性が現れたら、まずどんな人か将来この人に自分の後半の人生を預けても大丈夫だろうかと考えます。

 

熟年世代、例えば50代以降はお互い若くないので不調も今まで以上に出てきますし、いつどこで重篤な病気にかかるかわかりません。

 

その時にこの人だったらずっと心配してそばにいてくれるだろうか?

 

ここを最大限に見極めることが大事ですね。

 

結婚する前に試しに体調不良を訴えてみてください。

 

そしてその彼がどんな対応をしてくれるか。