未亡人になった時の知っておきたい知恵や経済、老後、生活の情報

突然未亡人になってしまったらどこから何をして良いか戸惑いますね。おひとりさまになった時、病気になったら、老後の心配は?子供の事は?色々な側面で楽しく生活していくための情報を綴っています。

スポンサーリンク

もうすぐ60歳になるシングル独身女性は老後のお金が心配、ずっと働くことになりそう!

もうすぐ60歳になる人、は~い私もです。

 

 

まさかこんなに早く60歳を迎えるなんて思わなかったと思っている人が大半だと思います。

 

 

そこで心配なのが老後の生活ですよね。

 

 

60歳過ぎても働かなければ、老後資金が貯まるどころか生活も出来ないと不安を抱えている独身女性も少なくはないんです。

 

 

年金をもらう時点で余裕資金を貯めることが出来たら、もう働かないで良いんです。

 

 

でも60歳近い友人たちは死ぬまで働かなきゃ食べていけないと言ってます。

 

 

年金額はだいたいわかったので、その金額では生活はムリ。

 

 

ずっと働くことになりそう!

 

 

60歳になるシングル独身女性が老後の心配をしないで良い対策はないのでしょうか?

 

 

年金で食べていけない60代独身女性はいつまで働く?

 

f:id:navimy:20180524194424j:plain

 

私の知り合いは熟年離婚をし、今働いていますが62歳から少し年金をもらう予定です。

 

 

ほんの少しでも出るし、65歳まで待ってもその前に何かあったら年金のかけ損になるしということです。

 

 

いざ年金をもらえる年齢になっても食べていけない。

 

 

おそらくまともに65歳になってもらえる年金額は11万円くらいかなと言ってます。

 

 

家賃は親と折半。

 

 

親にもしものことがあったらどうしよう!

 

と考えているのだそうですが、今のところまだ当分大丈夫だろうと話してます。

 

 

それにしても正社員並みに働くパートで約15万円の収入の今、今後もずっと働かなくては食べていけないと言う現実を考えるとかなり不安だそうです。

 

 

ずっと15万円が年金として入って来たら心配なのですが、11万円の予定なので4万円足りません。

 

 

今は15万円の中で少し貯金できる月と出来ない月があるそうです。

 

 

孫もいますので、お金はやはりかかります。

 

 

熟年離婚した60歳直前の独身女性には痛い出費です。

 

 

これからも会社が働いてても良いよと言われ続ける限り、働くのだそうです。

 

ただし、この友人は結婚時代に貯めていた固まったお金があります。

 

 へそくり1000万円貯めて安心な独身女性

 

その60歳になる独身女性の友人は結婚時代に1000万円強貯めることが出来ました。

 

 

これは大きいですよ。

 

 

よく言いますが、お金を貯めて準備してから離婚しろとね。

 

 

構想を練っていた友人はしっかりと1000万円のへそくりを貯めることが出来たんです。

 

 

だから老後年金が少なくてもそこまで不安いならないんですよね。

 

 

また65歳までは少なくてもその会社で働かせてもらえそうだということも安心材料です。

 

 

60歳でも貯金が全くない独身女性もいます。

 

 

自分の楽しみに現在進行形で使っていると、困るのは年金をもらう年代になってからなんですよね。

 

 

お金を貯めたいから節約ばかりするのは生活が色あせてしまいそうです。

 

 

かと言って使いたい放題今あるお金を好きに使っていたら、悲惨なのは独身女性の老後です。

 

 

その彼女の今の月給15万円ずっと永遠に続くわけではありません。

 

 

だからこそ固まったお金は60歳までに貯めておかないと後々苦労しそうです。

 

 

それも家賃がなかったらまだ救われます。

 

 

もしも今現在家賃があって、貯金が500万円ないお一人様は今すぐ貯金体質になることが大切ですね。