読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未亡人になった時の知っておきたい知恵や経済、老後、生活の情報

突然未亡人になってしまったらどこから何をして良いか戸惑いますね。おひとりさまになった時、病気になったら、老後の心配は?子供の事は?色々な側面で楽しく生活していくための情報を綴っています。

スポンサーリンク

50代からの熟年世代再婚のメリットとデメリット

50代以降、熟年世代で再婚を考えている人たちもいますね。

 

再婚したい、でも難しい。

 

死別の場合などは特に難しいです。

 

また、子供がいる場合や孫までいる場合の再婚もにぎやかになって楽しいけれどメリットと同時にデメリットもあります。

 

デメリットと言うよりも、苦難に近い。

 

再婚の難しさを感じて離婚する人もいますから。

 

 なぜ再婚したいの?

 

一度結婚した人が、もう一度再婚を考えるときは寂しさだったり精神的安定だったり。

 

女性の場合はバツイチの場合は自分一人で稼いで生活していく不安、将来への貯金もままならない為経済的な条件で再婚を考えている人も少なくはありません。

 

私は熟年世代がたくさんいる独身パーティに何度か顔を出したり、テレビでのインタビューを見てこう思いました。

 

〇 女性の再婚は経済的不安から回避したい人が多い。

 

〇 男性の熟年は、家事をやってもらいたい。

 

妻が亡くなってから、全部自分で家事をやっているから。

 

おいおい、熟年世代の再婚には「愛」はないのかい?

 

そう思ってしまうくらいでしたよ。

 

50代の再婚のデメリット

 

50代と60代での再婚は微妙に違いますね。

 

60歳を過ぎると、50歳代よりもぐっと病院に行くことも多くなっているようです。

 

何科にかかるのが多くなるのでしょうか?

 

整形外科ですね。

 

膝が痛い、腰が痛い、肩が上がらない等など。

 

もちろん別の箇所の異常も出てきます。

 

どちらかが具合が悪くなったら、再婚はしたもののまだまだ付き合いが浅いのに介護になる事もありえるのです。

 

50代なら、まだ現役で仕事をしている男性も多いですね。

 

女性が50代、男性が60代の場合はこれまた違いますが、60代でも若々しい男性はいます。

 

若々しいと言えば郷ひろみ、60代アラ還ですよ、すごいですよね。

 

そんな60代ばかりではありませんが。

 

50代で再婚を考えるのであれば、丈夫そうなパートナーを選びましょう。

 

元家族との付き合いとの兼ね合いも簡単ではありません。

 

男性は自分の子供や孫の方が愛情が深いかもしれないのです。

 

そこを見極めてみる事が大切です。

 

もちろん、血を分けた子供や孫は可愛いに決まってますが結婚した以上一番大切にしなくてはいけないのは妻。

 

再婚したとたん、新しい妻はお手伝いさん扱いするような男性はNGですね。

 

f:id:navimy:20160923162606j:plain

再婚のメリット

 

死別、離別共に幸せになっているカップルはいます。

 

精神的な安定は結婚すると一番感じるメリットですね。

 

結婚したのに孤独だと言う人もいます。

 

それは、相手を間違えたのかもしれないですね。

 

結婚すると精神的な安定は男女ともに感じることです。

 

その他は、女性は経済的にひとまず今までよりも安心感があります。

 

50代の再婚は定年退職も近くなってきているので、毎日夫が家にいることまで想像して再婚を決めると良いですね。

 

長年連れ添ってきた夫でも定年後毎日家にいられると嫌になっちゃうと言う女性も多いです。

 

嫌な夫のご飯を三度三度作るのが嫌だし、今まで我慢して来たけど定年退職を期に退職金の半分をもらって熟年離婚をしたと言う夫婦もいるのです。

 

それが、再婚して間もないのに夫が毎日いる生活に耐えられるだろうか?

 

と、言うことも心配の種です。

 

50代の現役の今なら夫が仕事の休みの時に手をつないで旅行など楽しむのも良いのですが、良い時ばかりっではないと言うことも頭に入れておいた方が良いかもしれませんね。