未亡人になった時の知っておきたい知恵や経済、老後、生活の情報

突然未亡人になってしまったらどこから何をして良いか戸惑いますね。おひとりさまになった時、病気になったら、老後の心配は?子供の事は?色々な側面で楽しく生活していくための情報を綴っています。

スポンサーリンク

夫との死別後の未亡人の生活とは?

夫と死別したあとは突然未亡人の仲間入り。

 

未亡人の人口はどうなのか考えてみました。

 

私の周り沢山います。

 

60代から未亡人率は高くなりますが、40代で未亡人になった友人が多いですね。

 

私は45歳の時に未亡人になりました。

 

夫との死別後、未亡人のその後の生活は?

 

 夫に保険金をかけておくんだった?

 

生命保険の保険金や遺族年金の金額により未亡人の生活は天と地ほど違ってしまいます。

 

こんなことになるとわかっていたら保険金をかけておくんだったなんて心の中では思う人もいるかもしれません。

 

でも、夫との死別後の未亡人の生活はきれいごとでは生きて行けないので保険金は大切なものになっていくのです。

 

数千万円の保険金をかける場合は子供が小さく、まだまだ義務教育の場合が多いですね。

 

子供が小さい場合は色々お金がかかるので、夫に何かあったら大変ですのですから。

 

食べ盛りの子供がいる間はほぼ数千万円の保険金をかけている家庭が多いです。

 

その分、毎月の掛け金も多いですがそれこそ保険です。

 

子供が成人になるころ又は、働きだして自立してしまえば保険金の金額を下げて毎月の保険料も軽くしますね。

 

かけ続けていくのは大変ですが、保険料はずっとそのままの方が夫に何かあった場合は残された妻にとっては安心です。

 

毎月保険料の支払いが苦しくなければ、もしかしたら保険金の額はあまり下げない方が良いかもしれません。

 

保険金が無かったら未亡人の生活はどうなるの?

 

未亡人は金持ちだ、お金の余裕あるから男遊びをしている、不倫しているなんて等などの噂になりやすいのか未亡人。

 

もちろん、夫との死別後の生活はもしかしたら今まで以上に楽になっている人もいるのかもしれませんね。

 

保険金次第です。

 

私の周りの子供を授からなかった未亡人は保険金をろくにかけていなかったから夫亡き後の生活はパツパツです。

 

この先も働かなくてはならないと、転職活動と資格取得に頑張っています。

 

f:id:navimy:20160916231929j:plain

 

それこそ、セミリタイアしても良いくらいの年齢なのに。

 

保険金の有、無でかなり未亡人の生活は違います。

 

未亡人の老後はどうなるの?

 

未亡人になったら老後はどうしよう!?

 

このままずっとひとり?

 

それとも再婚しますか?

 

未亡人の再婚率はとても低いのです。

 

若き未亡人ならいくらでも再婚してこれからの人生を歩む幸せがあります。

 

でも、中高年以降の未亡人は難しいですね。

 

財産がある未亡人ほど難しい。

 

夫が厚生年金を掛けていた場合の遺族年金が出ている未亡人ほど再婚が考えにくいのです。

 

国民年金と、厚生年金の差とも言いましょうか。

 

遺族年金が出ない未亡人の生活は大変です。

 

未亡人が再婚してメリットがありそうなら老後の精神的安定のために再婚を考えても良いと思います。

 

熟年同士の再婚はリスクも伴います。

 

まして、未亡人になって国から早めに遺族年金と言う保証をもらっています。

 

未亡人がその後の老後を考えての再婚と言う選択肢を選ぶのはかなり慎重にしないとですね。