未亡人になった時の知っておきたい知恵や経済、老後、生活の情報

突然未亡人になってしまったらどこから何をして良いか戸惑いますね。おひとりさまになった時、病気になったら、老後の心配は?子供の事は?色々な側面で楽しく生活していくための情報を綴っています。

スポンサーリンク

アラ還60歳になるまでやっておきたい3つのこととは?

もうすぐ60代になろうとしている人、もしくは50代中ごろの人は60代になったら何かをしておいた方が良いと漠然と考えていることも多いと思います。

 

正解ですね。

 

漠然とでも良いので何かを60代までにやっておかなくてはと思うのは、老後の準備と備えをしておかなくてはと思う気持ちがあるからだと思います。

 

50代と60代とは違う準備とは?

 

60歳までにやっておきたいこととは?

 

 アラ還60代と50代はこうも違う

 

60代はまずはお金、健康、友人この3つが大事ですね。

 

50代と60代は色々な意味でかなり違います。

 

30代と40代、40代と50代はそう変化はないような感じですよね。

 

60代ともなると、まずは身体がかなり違いますね。

 

初老と言われる年齢になり、まさかの不調が訪れてしまう。

 

また、60代になると元気で働いている人でも60代の中ごろには退職する人も多いんです。

 

年金が入ってくる年齢ですが、自分では収入を得ることはしなくなる年齢ですね。

 

収支のバランスが50代とは違って来ます。

 

年金と自分で働いているお金が50代の頃よりも多くなる人もいますが、ほぼ今までよりも収入は低くなります。

 

付き合いが減って会社での交流もなくなり、友人も少なくなっていきます。

 

仕事だけの友人は、もうそれっきり。

 

と、なると新たに友人作りをしないと寂しいと思ってきますね。

 

60代になった時の生活面は大丈夫?

 

60歳になった時、自ら生み出す収入が途絶えたら?

 

年金をもらうまではまだ数年あるとしたら、その間の事を考えておかなければ60代になって困りますよね。

 

収入を減らさない為には、今までの仕事をセーブしてアルバイトやパートとして引き続き働けるのならそのまま残った方が良いです。

 

仕事先を変わるとその分精神的な苦労もあります。

 

出来るなら継続して同じ仕事をした方が効率的です。

 

不可能であれば、身体さえ丈夫ならまだまだ60代は見た目も若いし、元気なので就労した方が良いですね。

 

ファストフードでも最近はシルバースタッフを積極的に募集しています。

 

 

f:id:navimy:20160827134507j:plain

 

こういった場所で働くと、周りの人間が若いので自分も若くいられますし生き生きと楽しく働けそうですよ。

 

また、60歳と言う年齢からこの年齢ならではと重宝がられる職場もあります。

 

年金をもらうまでのつなぎ、年金をもらいながらの仕事とどちらにして働き続けるのはプラスになります。

 

60代の健康

 

60代は老化と言う現象から様々な不調も少しずつ出てくるのは仕方ありません。

 

老化は食い止めることは出来なくても、いかに免疫を強くするかにかかってきています。

 

健康増進のためのスポーツ、食事、精神面での豊かさ、この3つで60代になっても元気でありたいですね。