読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未亡人になった時の知っておきたい知恵や経済、老後、生活の情報

突然未亡人になってしまったらどこから何をして良いか戸惑いますね。おひとりさまになった時、病気になったら、老後の心配は?子供の事は?色々な側面で楽しく生活していくための情報を綴っています。

スポンサーリンク

おひとり様になってわかった離婚を後悔した3つの理由

おひとり様も3種類ですね。

 

ずっと独身、バツイチ、未亡人。

 

この中のバツイチの方に焦点を当ててみようと思います。

 

あんなに別れたかったのに、離婚して後悔している女性がことのほか多いのを知っていますか?

 

 なんで離婚したいの?

 

何が何でも離婚しかない!

 

もう一緒にいるのが耐えられない、同じ空気を吸うのはいや、食事を作ってあげる気にも選択もしてあげたくない!

 

そこまで来たらほぼ離婚は大成功?!

 

実はそうでもないのです。

 

そんな夫でも離婚を後悔している女性はいるのです。

 

あんな夫だったけど、それ以外は優しかったな。

 

生活費は入れてくれたっけ。

 

女遊びもしなかったし。

 

じゃぁ、なんで離婚したの?

 

それは単純な理由からの場合もあります。

 

家でぐうたらしている。

 

髭ぼうぼう、頭悪そう。

 

尊敬できない。

 

家では全く家事や子供の世話をしてくれない。

 

単に夫が嫌いになった!

 

そして、離婚後のバラ色の人生を想像してしまうんです。

 

離婚したら自由になれる、新しい何かが待っていると希望が見えてくるんです。

 

離婚後、後悔している人

 

この世の中、離婚したことを後悔している女性が意外といます。

 

離婚して初めて、結婚していた時の幸せに気付かなかった。

 

今は毎日が辛い、寂しい。

 

なんであんな些細な事で離婚を切り出したんだろう。

 

元夫が再婚したのを風のうわさで聞き、余計に辛くなった。

 

離婚の理由がこれと言って大それた理由ではない場合は後悔している女性が多いのです。

 

離婚して良かったと思う人

 

これこそが離婚おめでとうです。

 

バツイチではなく、マルイチです。

 

夫の暴言、DVで辛い思いをした人。

 

女性との不貞。

 

賭け事をする、お金にだらしない。

 

生活費を家に入れない。

 

このようにはっきりとした理由があった場合は、離婚した方が良いですね。

 

 

f:id:navimy:20160626114126p:plain

 

新しい人生を少しでも早く切り開いた方が良い。

 

逆に、離婚して働くところなかったらどうしよう。

 

子供に片親だと辛い思いをさせないかな?!

 

そんな気持ちなら、「離婚するほどの事ではない」と言うことです。

 

「離婚したらどうしよう、大丈夫かなぁ?!」

 

そんな気持ちがちょっとでもあったら離婚はおススメしません。

 

一刻も別れた方が良い人の場合は、仕事先なんかどうにでもなる。

 

とにかく夫と別れる事。

 

そういった踏ん切りがある女性は離婚後は強いです。

 

絶対に後悔もしません。

 

ですので、離婚しようかどうしようか悩んでいる人がいたらその離婚ちょっと待って!

 

と、言いたいのです。

 

迷うなら離婚はするな!です。

 

離婚をしたおひとり様3つの後悔の理由とは?

 

あまりにも離婚したことを後悔している女性が多いので、ここに後悔の理由大きな3つを書きます。

 

1.夫は誠実な人だった。

 

離婚するほど悪い人ではなかった。

 

2.家庭的ではない理由で離婚を決めたけど、お金はちゃんと家に入れてくれていた。

 

今は自分で稼がなくてはお金は入ってこない。

 

3.女性の影があって許せなくて離婚を言い出したけど、一時的な火遊びだった。

 

それ以外は良いパパ、家庭的な人だった。

 

不倫していたかどうかはっきりわからないのに、夫を攻め続けていた。

 

その離婚待って!!

 

離婚理由は男性側だと3つが大きな理由になります。

 

1.お金の問題

 

2.DV

 

3.不貞

 

この3つがあった場合に離婚を考えているのなら離婚理由にはなります。

 

ですが、程度によるので離婚して自分は後悔しないか?

 

早い話が離婚して損はしないか?

 

離婚した方が得なのか?

 

精神的にも財産的にも毎日の生活の事を考えても離婚した方が得だと思ったらその時考えて良いかもしれません。

 

でも、離婚して後悔しているおひとり様女性がとても多いと言うことを考えると、その離婚慎重に考えた方が良いと言うことになりそうですね。