未亡人になった時の知っておきたい知恵や経済、老後、生活の情報

突然未亡人になってしまったらどこから何をして良いか戸惑いますね。おひとりさまになった時、病気になったら、老後の心配は?子供の事は?色々な側面で楽しく生活していくための情報を綴っています。

スポンサーリンク

おひとり様50代の生活費って平均どれ位なの?

おひとり様で50代位だと生活費はいくら位かかっているのか気になりますよね。

 

50代と言ったら老後のための貯金もしているでしょうし、住む場所も安定しているかもしれませんね。

 

そうなら良いですが、住む場所は賃貸で5万円以上かかり転職の繰り返しで仕事としての収入が安定していない場合は生活していくお金はいつも悩みの種ですね。

 

今日は50代でおひとり様の生活費について触れてみようと思います。

 

 50代でおひとり様はどれくらい収入があるの?

 

さて、おひとり様で50代は自由なお金をけっこう持っているイメージがあります。

 

それは安定した良い会社に長く勤めた場合です。

 

男性は課長、次長、部長職だったらかなりの年収をもらっていると思います。

 

女性も管理職になったらそこそこ、年収800万円クラスもいます。

 

そんな方たちは生活費も余裕です。

 

生活費だってもったいない使い方をしている人もいれば、せっせと貯金をしている人もいます。

 

1年間のたまるお金を考えてみたら、お金の使い方でだいぶ違いますね。

 

高い家賃のところに住んで外食続きの人、方や実家住まいでお給料から大半を積み立てしている人。

 

この差は大きいです。

 

それでも年収が高ければ良いですよね。

 

アルバイトやパート派遣社員の50代おひとり様の場合

 

同じ50代でも働き方によってだいぶ収入に差が出てしまいます。

 

正社員とはアルバイト、パート、非正規社員だと年収で考えても数百万円の差が出てしまいます。

 

そうなると必然的に使える生活費は限られてしまいます。

 

それでも家賃のかからない実家住まいだとまだ良いですが、賃貸だったりローンを組んでいたりすると生活費はパツパツです。

 

ボーナスなくて、正社員以外で一生懸命に働いても20万円前後がやっと。

 

自由な時間を減らして働く時間を多くした場合、社員ではなくとも30万円以上は稼げるかもしれません。

 

ですが、平均すると月々の生活費はあまり余裕はないかもしれません。

 

 

仮に実家住まい、手取りが20万円あった場合は貯金できるでしょう。

 

手取りが20万円で家賃があった場合は貯金をするにはかなり節約する必要があります。

 

おひとり様50代は貯金するのに最終段階

 

50代は近い老後が少しずつ見えてくる頃ですね。

 

今ある貯金や年金がどれくらいなのかか把握している人も多いでしょう。

 

今の50代は若いし、65才位まで企業側も働かせてくれる会社も増えました。

 

f:id:navimy:20160624131617j:plain

 

残りの数年間を少しでも貯金に回すには50代のおひとり様はいくらの生活費でやりくりすれば貯金を出来るのか計算します。

 

出来れば5万円は貯金したいところですね。

 

そうすれば年間60万円。

 

10年働けるして600万円以上貯金できます。

 

本当は完全リタイヤまで1000万円位は今ある貯金意外に増やして行きたいところです。

 

全貯金で老後までには最低2千万円は貯金したいですね。

 

貯金額が多ければれば多いほど老後が楽になりますから。

 

おひとり様50代の生活費はいくらにすれば老後安心なの?

 

5万円毎月貯金することを逆算すればいくらの生活費で生活すれば良いか計算できますね。

 

それぞれの月収で違って来ますが、絶対に毎月10万円は貯めたいんだと思えば週末起業や夜空いた時間に副業等などするとその分が丸々貯金に回せます。

 

家賃やローンが無ければ生活費は8万円位でも何とかやっていけると思います。

 

老後資金を貯める為なら、毎日もやしと卵でメニューを考えて週に一回は贅沢をするなど目的を持つと貯金が出来ます。

 

おひとり様50代は私もそうですが、生活費はもちろんその月によって違いますが平均すると家賃を考えなくても10万円以下で生活するのは厳しいです。

 

車を持っているので車関係の諸費用もけっこう痛いです。

 

収入は遺族年金の他に仕事をしていますので今は何とかなっていますが、完全に仕事をしなくなった場合はもっと節約生活をするつもりです。