未亡人になった時の知っておきたい知恵や経済、老後、生活の情報

突然未亡人になってしまったらどこから何をして良いか戸惑いますね。おひとりさまになった時、病気になったら、老後の心配は?子供の事は?色々な側面で楽しく生活していくための情報を綴っています。

スポンサーリンク

50代シングル独身女性 貯蓄額って意外とたくさん持っている!

50代独身女性ってお金持ちなの?

 

50代独身女性の貯蓄額はピンキリですが、意外や意外8桁は結構いらっしゃるのです。

 

ずっと独身で働いてきていまだに年収は500万円あると言う女性は貯蓄額が9桁に届く勢いです。

 

そんな例を出すとあまり貯金が出来ていない人は焦ってしまいますよね。

 

ある意味焦った方が良い。

 

50代は老後にお金を貯められる最終段階に入っています。

 

50代シングル独身女性の貯蓄額は?

 

 50代独身女性が必要な月の最低金額

 

家のローンや家賃がなくても50代独身女性が必要な最低金額は月に15万円ほど必要だとされています。

 

これはこのくらいあったらまぁ、何とか暮らしていけるでしょうと言う事ですね。

 

そこに貯金が1千万円以上あれば取りあえず安心なのです。

 

毎月の15万円で足りれば1千万円は崩さないで済みますよね。

 

毎月の不足分がある場合は1千万円ではとても足りませんが・・・

 

実際は今の50代独身女性が将来もらえる厚生年金は15万円はいくかどうか微妙です。

 

それだけあったら良い方だとも言われています。

 

一か月に年金は11~3万円位なのではないでしょうか?

 

平均40年勤務でです。

 

f:id:navimy:20160516215211j:plain

 

収入にもよりますが、女性はいいとこ年収500万円位でしょう。

 

バブル前の良い時代に個人年金を積み立ててきた人はラッキーですね!

 

 節約してお金をどんどん貯める方法は

こちら  ↓   ↓   ↓ 

1分で登録完了!食べた感想を書くだけで、ポイントゲット★

 

ファンくるの詳しくはこちらの記事にも!

 

 

貯蓄を8桁貯めた独身女性は仕事をリタイヤ悠々自適

 

50代も中ごろになってくると、たくさん働いてきたし退職金も出るしまぁそこそこの貯金もしてきたので老後の心配もなさそう・・・

 

そんな思いでずっと長く働いてきた正社員を辞めて仕事をリタイヤしている人も私の知り合いにいます。

 

まだ年金もらえる年齢ではないのになぜリタイヤ?

 

時代の良い時に株や投資信託などで儲けが出たり、毎月分配金が入ってくるなどでもう働かなくても良い50代独身女性もいます。

 

私も途中までそうでした・・・

 

遺族年金の他に毎月分配金が10万円。

 

そりゃ働かなくても良いよね~?

 

私の場合はそうではありませんでした。

 

せっかくの毎月分配金の10万円が入る投資信託をかなりほとんど解約しました。

 

ハイリターン、ハイリスクなんです。

 

良い時は良いけど、ダメになると心臓がびっくりするくらい元金が減るのです。

 

それはリーマンショックの時でした。

 

もうあんなにドキドキする思いはしたくない。

 

毎月分配金よりもハイリスクが怖くて解約してしまいました。

 

だから遺族年金だけじゃ心細いので働いていますよ~。

 

今、50代のこの年齢からハイリスクハイリターンの金融商品を求めるのはちょっと危険かもしれません。

 

するのであれば元本保証、利息は少なくともその方が安心です。

 

日本経済の波で良い波が来るのは年齢を考えると難しいのです。

 

私の知り合いの50代独身女性のお姉さんは退職金も出て、将来安心なほどお金をもっているリタイヤ組。

 

一度大手の正社員を定年退職を待たずに辞めましたが、家から近場で時給の良いパートを始めました。

 

もうたくさん働いてきたから朝から晩まで電車に揺られて毎日仕事するのは嫌になったのと言ってました。

 

でもいくら今後の生活資金は心配なくても消費され続けていくのは忍びない・・・

 

第一、50代で何もしないで家でゆっくり過ごすにはまだ早すぎます。

 

歳とってしまいますね!

 

でも、50代には十分に貯蓄をしてこれたと言うのはかなり安心出来ますね。

 

お金さえあれば親の介護も自分の介護も何とかなります。

 

50代独身女性のみんながみんなたくさんの貯蓄があるのではないですが、せめて60代の声を聞いたらまだ働かなくては食べていけないのってことにならないように今が頑張り時ですね!

 

そして、医療費もばかにならない、医者にかからないように健康維持!

 

50代独身女性は貯蓄額が意外とあるのかもしれません。

 

食費も服も節約!

 

化粧品とか食費はファンクルで節約

詳しくはこちら↓↓↓

 

 

 〇こちらの記事にはもっと詳しいファンくるの活用法を書いてあります