読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未亡人になった時の知っておきたい知恵や経済、老後、生活の情報

突然未亡人になってしまったらどこから何をして良いか戸惑いますね。おひとりさまになった時、病気になったら、老後の心配は?子供の事は?色々な側面で楽しく生活していくための情報を綴っています。

スポンサーリンク

おひとり様還暦離婚で後悔しない為にやっておく3つのこと

還暦でおひとり様になる事とは?

 

熟年離婚はここ数年流行っているともいえますね。

 

流行っていても実践して良い場合とそうではない場合があります。

 

還暦で離婚をして一人になると言う事はかなり体力がいります。

 

この熟年離婚は絶対に後悔しないものか見極めることが必要なのですが、それは若い頃に離婚するのと違ってかなりリスクが伴うからなのです。

 

還暦でおひとり様になっても自分は絶対大丈夫だと確信しないと離婚したことを後悔しすることになるかもしれません。

 

還暦離婚で後悔しないためにやっておく3つの事は?

 

還暦とは限らずに、離婚したことを後悔した人もいるのですが、今離婚を考えている人もこの離婚は絶対間違っていなかったと思えるまで離婚しない方が良いかもしれませんね。

 

還暦で離婚をするのに後悔したら何のための離婚だったかわかりませんよね。

 

熟年や還暦で離婚することを後悔しないためには・・・

 

f:id:navimy:20160506115532j:plain

 

〇 経済的にやっていけるかシュミレーションをしてみる

 

年金が生活費になっていく場合は自分の年金で食べて行けるだろうか、家はどうなるのか?

 

年金もらえる年齢に達していなかったら働くことになるかもしれません。

 

熟年世代で仕事を見つけるには容易ではないのです。

 

〇 財産分与の取り決め

 

夫婦一緒にいた時に作った財産はきちんと分けられるかどうか。

 

弁護士に相談をして、あらかた頭の中にどれくらい財産がもらえるか考えておく。

 

〇 精神的に耐えられるか

 

今までは〇〇さんちの奥さまだったのが、おひとり様の女性になるわけです。

 

世間の風は優しくありません。

 

おひとり様が入っておくべきタイプの保険についてこちらでは書いています

 

友人との外出でも奥様達とは環境も考え方も違ってきます。

 

一歩外に出たらバツイチ。

 

何で離婚したの?と言われることも!

 

いちいち説明はしたくないし。

 

メンタルは強し!

 

と、思ったら大丈夫です。

 

離婚しなくちゃ生活がままならない、DV、不貞、お金を家に入れない、ギャンブル等の理由で離婚したい場合。

 

これだけで迷うことなく離婚するしかないと思われる場合、熟年離婚をした方が断然幸せになると言う場合もあります。

 

 何故、もっと早く離婚をしなかったのか?

 

熟年だと50代位からですが、この年齢まで離婚をしなかったのは理由もあるはずなのですが、離婚するのに還暦になるまで待っていた人もいます。

 

還暦まで離婚を待つと、離婚を回避した方が良いのではないだろうかと思い始める人もいるのは確かですね。

 

還暦まではいきませんが、熟年離婚をとどまった人たちもいます。

 

夫婦仲が悪くてどうしようもなかった夫でも、別居してみて初めて離婚のリスクの方が大きいと感じ、籍は抜かない事に決めたと言う人がいました。

 

もっと早く離婚をしなかったかと言うとその夫婦は取りあえず別居したため離婚をするのを踏みとどまったためですね。

 

別居と言う形をとると、生活費は今までと同じに入ってくるし世間体的にも夫婦でいるから精神的にも良かったと話しています。

 

その夫婦は、今後熟年離婚は考えていないそうです。

 

数年前までは離婚するための別居だったのが逆になりました。

 

別居することで、過ごしやすい環境になり経済的にも変わらない。

 

離婚することをやめた夫婦、とくに女性は熟年離婚は大変だと思うと離婚する場合としない場合を天秤にかけて今の状態でいる方が良いと判断するのです。

 

今まで我慢し続けてきたから、今はたとえ別居していて愛情がなくても静かに暮らせるのでこの形をずっと続けていくと言う考えの夫婦もけっこういるのです。

 

家庭内別居も同じような考えかもしれません。

 

還暦で離婚するも、しないもその人の環境によってどっちが良いかは決まります。

 

おひとり様還暦離婚を考えているのでしたら、リスクを考え後悔のないような結論を出せると良いですね。

 

老後の準備は大丈夫ですか?↓↓

.