読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未亡人になった時の知っておきたい知恵や経済、老後、生活の情報

突然未亡人になってしまったらどこから何をして良いか戸惑いますね。おひとりさまになった時、病気になったら、老後の心配は?子供の事は?色々な側面で楽しく生活していくための情報を綴っています。

スポンサーリンク

5月病になりやすい未亡人とおひとり様は予防と対策を考えておこう!

5月病は未亡人やおひとり様が発症しやすい

 

5月病は未亡人やおひとり様が発症しやすいなんてびっくりです。

 

それはなぜなのか?

 

時期的なものなのか?

 

4月は緊張したり寒い冬から春になったと言う嬉しい気持ちもあり、あまり精神的なことはあまり感じない人が多いのです。

 

でも、少し落ち着くと現実的に周りのことが見えだしてくるのが5月。

 

未亡人やおひとり様が5月病になりやすいと言うのは一人でこの先メンタルや経済的にやっていけるだろうかと答えを求めているからなのです。

 

 5月病は具体的にどんなことに悩んでいるのか?

 

普通に5月病と言うのは4月からの環境にまだ追い付いていけていないことに対して焦り出してくると言う事も原因の一つです。

 

4月にはわからなかったこと、職場でも一か月が過ぎ自分の力量がわかってきたころですね。

 

人間関係も新しくなり、適応があまりできていない・・・

 

一か月もなるのにと言う思いが5月には出てくるのです。

 

 

f:id:navimy:20160502114817j:plain

また環境に対しての疑問点も出てきます。

 

これで良いのか?と言う思いですね。

 

未亡人やおひとり様が5月病にかかる理由は?

 

普通に5月病を発症する内容と違うのが未亡人やおひとり様です。

 

将来、自分の老後を考えこれで良いのかと言う疑問点もありますがただ理由もなく未亡人やおひとり様は5月病になりやすいとの事。

 

漠然とした不安感がそうさせているのだと思います。

 

漠然とした理由ではありますが、思い出してみると未亡人やおひとり様は5月病になりうる理由はたくさんあるのです。

 

経済のこと、これからのこと、年老いた親のこと、仕事のこと、蓄えのこと・・・

 

それらを漠然と不安に感じている5月なのです。

 

5月病にならないようにする予防と対策は?

 

何も考えないのも良くありませんが、5月病を切り抜けるには「鈍感力」を身につけましょう。

 

考えない!考えない!

 

スルーすることは時と場合には必要なのです。

 

他には胃腸の環境を良くすることです。

 

腸内環境を良くすることで鬱やストレスも軽減してくれると言われています。

 

腸内環境のバランスを良くするには「発酵食品」ですね。

 

そして冷たいものは食べない、飲まないことも良いとされています。

 

身体を温体質にすることで免疫も強くなります。

 

ストレスを軽減する方法は人によりけりですが、まずは身体を冷体質から温体質へ。

 

5月を過ぎても5月病のような辛さがいつまでも残っている場合は

 

6月になっても7月になっても5月病の時と変わらないのであればもしかしたらうつ病にかかっている場合もあります。

 

未亡人のうつ病です。

 

夫が亡くなった事で今置かれている現実が精神的に適応できない等で未亡人うつは発症されることもあるのです。

 

大好きだった夫が亡くなったこともまだ受け入れられないと言う事もありますし、経済的な不安もあります。

 

ひとりになった事で精神的ダメージが大きすぎて鬱になったかもしれません。

 

その場合は精神内科、心療内科で受診したり、カウンセリングを受けると楽になるかもしれません。

 

未亡人やおひとり様ではなくても5月過ぎてそのような状態が続いたらうつ病になっている可能性や適応障害等も考えられますので、早めに受診することが安心材料になりますね。