未亡人になった時の知っておきたい知恵や経済、老後、生活の情報

突然未亡人になってしまったらどこから何をして良いか戸惑いますね。おひとりさまになった時、病気になったら、老後の心配は?子供の事は?色々な側面で楽しく生活していくための情報を綴っています。

スポンサーリンク

独身女性の老後生活と老後の資金は考えていますか?

独身女性が老後を迎える前に

 

独身女性が老後のために老後資金を貯めよう!と言われていますね。

 

誰に言われているの?老後っていつ?

 

と、思っちゃいますが、実のところ独身の老後はみんな不安なのです。

 

会社勤めをしているOLさんは仕事をしなくなったときからの生活は大丈夫ですか?

 

独身女性に限らずですが、定年退職したらいっさい会社からお給料が入ってこなくなりますね。

 

では老後の生活と資金はどうしたら良いのでしょう?

 

 

定年から年金をもらうまでの間

  

定年してからすぐに年金が発生すれば良いのですが、これから老後を迎える人たちは年金の受給の年齢が高くなっていきます。

 

そうなると定年退職した後でも入ってくるお金はゼロ。

 

退職金と蓄えだけで年金をもらうまで過ごすのはきついですよね。

 

では定年退職後はしたら良いのでしょうか?

 

お金が入ってこない空白の時間は人によって違いますね。

 

段々と働ける年代が高くなってきていますので、もしかしたら今よりももっと定年を迎えるのは高くなっているのかもしれません。

 

今定年が60歳の人は、あと数年したら63才~65才位に定年になるかもしれません。

 

自衛隊なんかは55才定年ですからびっくりです。

 

でもそのあとのアフターフォローもしっかりしていて定年後も働ける場所を推薦してくれるのです。

 

今は少数派かもしれませんが、70才定年の会社もあります。

 

個人事業をしているところなどは経験を積んでいる人材を離せないと言う事もあるようです。

 

さて、男性も女性もきっぱりと60才定年になったらどうしましょう。

 

今のうちから、特に独身は老後生活と老後の資金を貯めるなり考えていた方が良さそうですね。

 

独身女性の老後生活も気になるところです。

 

f:id:navimy:20160422141834j:plain

 

老後になってもお金があれば安心して暮らせますね。

 

シュミレーションすると良いのです。

 

いくら足りなくなりそうかと。

 

もしも年金をもらうまでの間が数年出てくるのであれば今から積み立てをしたり副業をして老後のために蓄えておかないと心配です。

 

節約もやり方次第で月にかかる金額をだいぶ抑えられます。

 

究極は食費を抑える事です。

 

これもシュミレーションしてノートに1週分の献立を考えておくと計画が出来るので良いです。

 

節約出来る栄養価の高い食材

 

〇 もやし

 

もやしは色々使えます。

 

1.もやしの味噌汁

 

2,もやしの炒め物

 

3.もやしのナムル

 

4.もやしの天ぷら

 

5.もやしのお好み焼き

 

6.もやし入り卵焼き

 

7.もやしたっぷり焼うどん、焼きそば

 

工夫したらまだまだあります。

 

その中でも私はもやしの天ぷらが大好きです。

 

〇卵

 

卵は完全栄養食とも言われています。

 

お一人様は10個入り買ったらあまりそうですが、使い道によっては1週間で使い切ります。

 

1,ゆで卵を一気に5個くらい作っておくと良い。

 

卵サンドやキュウリと混ぜて卵サラダ。

 

みその中につけておいたり、みりん醤油で煮卵を作る。

 

トーストとゆで卵、珈琲があればモーニングセットの出来上がり

 

2.卵焼き

 

オーソドックスな卵焼き。

 

この中に入れるものを工夫する。(のり、明太子、ねぎ、チーズ、キャベツ、ニラなど野菜類)

 

3.何でもご飯乗せ

 

チャーハンやケチャップライス、焼きそばに入れてオムそばにしたり。

 

〇ひき肉

 

1.ひき肉は他の肉よりも用途も多く、安いしけっこう色々な料理に応用出来ます。

 

冷凍しておき、少量ずつ小分け。

 

〇ロールキャベツ、カレー、チャーハン、ハンバーグ、卵焼き、お好み焼き、野菜炒め、ラザニア、ミートソース等など

 

ここにあげた食材は通年安く手に入り、調理方法もたくさんありますので一か月どのくらい節約できるのか一見してみても面白いですよ。

 

独身女性の老後生活はこのように節約食材を使った料理をして食費を少し削るとどのくらい安く上がるか実験してみると良いですね。

 

そう言った小さなことから節約も出来ます。

 

そうすることで不安のない老後の生活が出来て、老後の資金も貯められるでしょう。