読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未亡人になった時の知っておきたい知恵や経済、老後、生活の情報

突然未亡人になってしまったらどこから何をして良いか戸惑いますね。おひとりさまになった時、病気になったら、老後の心配は?子供の事は?色々な側面で楽しく生活していくための情報を綴っています。

スポンサーリンク

未亡人の恋愛と結婚はリスクが高い?

50代からの恋愛

 

50代からの恋愛は普通に考えて難しいです。

 

何が難しいか考えてみました。

 

 熟年世代の結婚の難しさ

 

〇長年の生活スタイルが出来上がっているため恋愛から結婚に発展するとなると難しい問題が出てくる

 

〇財産、資産の問題。

結婚して二人で築いたものではない財産、籍を入れたら相続人となり兄弟姉妹、親せきからの口をはさむ声が聞こえてくる

 

〇どうやって異性と付き合っていいか

 

〇友達として続けるか、結婚と言う形をとったら良いのか難しい

 

〇お互いの健康問題

 

〇親の介護問題

 

他にもたくさんありますが、熟年世代の恋愛は本当に大変なんです。

 

未亡人との恋愛と結婚

 

ハッキリ言いまして、未亡人は恋愛をしたいけど結婚する事は考えていない人が多いのです。

 

未亡人の恋愛と結婚はリスクが高いようです。

 

恋愛をして、生活にハリをもたせるのは良い事。

 

一緒に食事をし、映画を観て旅行に行って楽しい時間を過ごす異性は欲しくとも、籍を入れるのはまた別です。

 

 未亡人やおひとり様の様々な悩み

 

f:id:navimy:20160129003008j:plain

これは何人かの未亡人の知り合いからアンケートをとった結果です。

 

今さら異性との恋愛や結婚は子供が嫌がる。

 

子供との距離があまりにも近いので、ここに血のつながらない人が入っても関係がぎこちなくお互いが神経を使うだけ。

 

一緒に旅行に行く異性は欲しいけど、そんな相手を作る機会も出会いもない。

 

でも、結婚相談所やサイトで探すことまではしたくない。

 

恋愛相手は自然に現れたら良い。

 

財産の事を思うと結婚は出来ない。

 

メリットよりもデメリットが多いと感じている未亡人がたくさんいました。

 

遺族年金があるので、生活には困りません。

 

遺族年金だけでは足りない・・・

 

生活が心配な女性ほど結婚願望は高いようです。

 

精神的にも特定な男性がいた方が気持ち的にも安心ですね。

 

離婚している女性の結婚願望は?

 

離婚を考えている女性では50代から60代位になると離婚か、このまま嫌でも結婚生活を維持していくか天秤にかけている人が多いのです。

 

我慢できるところは我慢、いまさらリスクの高い離婚は避けたい。

 

嫌な相手だけど、同居人として思えば我慢も出来る。

 

離婚してしまったら経済的にもかなり大変な状況になる。

 

もし、離婚したらきっと自分は働くことになる。

 

今さら働けない、働くくらいだったら家庭内別居の方がまだ良い。

 

なるほどです。

 

シニアになってからの離婚はもしかしたら避けた方が無難かもしれないのです。

 

未亡人と離婚の場合は恋愛事情も結婚感も違う

 

未亡人の場合は食べるに困らない場合が多いので早急に恋愛、結婚をしなくてもと思っている人が多い。

 

離婚の場合は、今度こそ相手を間違えないで経済的に不安な気持ちを取り除くためにも結婚相手を探したいと熟年の結婚パーティにはそう思って参加している人も少なくはないのです。

 

離婚していて自立が出来て食べていけて、恋愛は全く考えていない人もいます。

 

子供との日常的な距離が近かったり、孫の世話に忙しかったり寂しいと考える暇もないと・・・

 

やっと離婚したのに、今さら結婚なんてまっぴらごめんと思っている人もいますね。

 

未亡人はそんなに経済的不安はないのか?

 

未亡人は遺族年金がもらえますが年金の額は本当に人によりけりなんです。

 

若い場合はよっぽど生命保険が出たら別ですが、年金が出ても働いている未亡人がとても多いのです。

 

働ける若さもあります。

 

国民年金で家が賃貸の場合は本当に大変。

 

それこそ、生活の面倒を見てくれる恋愛対象の人が現れたら結婚した方が幸せなのかもしれません。

 

知り合いのおひとり様は60代後半。

 

家賃も毎月支払って、もらっている国民年金では生活できません。

 

かといって、もうお嫁にもらってくれる年齢は過ぎてしまったから一人で頑張って働いて生きていくしかないの。

 

と、言っていました。

 

老後に寂しいおもいや、生活に困る環境にならないよう資産形成しておかないと安心した老後を送れませんね。

 

シニアになっても働かなくてはいけないと言うことにならないようにおひとり様は今のうちから少しずつ考えて行った方が良いのかもしれません。

  

シニア世代の生活環境について