未亡人になった時の知っておきたい知恵や経済、老後、生活の情報

突然未亡人になってしまったらどこから何をして良いか戸惑いますね。おひとりさまになった時、病気になったら、老後の心配は?子供の事は?色々な側面で楽しく生活していくための情報を綴っています。

スポンサーリンク

おひとり様はストレスとうつによる病気にかかりやすい?

おひとり様のストレスは多いの?

 

おひとり様はパートナーや血のつながった身内とは一緒に住んでいませんね。

 

だからストレスに?

 

ひとりだからストレスと言うのではなく、おひとり様がストレスをかかりやすいと言われている理由があります。

 

 

おひとり様はどんなストレス原因があるの?

 

 おひとり様がストレスを感じる理由は・・・

 

■生活を誰にも頼れず一人で暮らしていく。

 

 〇病気になった時に一番困る。

 

  食事が困る

 

  病気になった場合、近くに看病してくれる人がいない

 

  病気の事で悩む

 

 〇収入減になった時の事や、リストラの心配、自分の介護、

  老後のことを考えるなど等。

 

  歳をとった時ひとりで寂しい思いをするかもしれないなど

 

  将来の自分の経済を心配

 

 〇自分が将来入るお墓の心配

 

生活して行けばおひとり様は一人でいる事の悩みは常にありますね。

 

ひとりだからお気楽で自由だけれど、孤独を感じる人もいます。

 

本当はおひとり様なんて嫌なのに、いつの間にかおひとり様の生活になってしまった!

 

f:id:navimy:20151224222302j:plain

 

色々ありますが、おひとり様は大なり小なりストレスを抱えています。

 

自分では気が付いていない場合もあります。

 

もちろん結婚している人にだってストレスはありますし、専業主婦にだってストレスはあります。

 

ですが、結婚している人は喜びも悲しみも分かち合えると言ったら言い過ぎですが、共同で生活をしていくと言うことに対してストレスも半減できるという理由もあります。

 

ですが、離婚寸前、DV夫だったらストレスはかなりかかりますね

 

それならばいっそのこと、離婚をしてしまう。

 

DV夫とは別れる!

 

そうする事によってストレスはかなり軽減できます。

 

離婚したことによってまた新たなストレスはかかりますがトンネルから抜け出せないストレスよりはよっぽど良いのです。

 

ストレスが過剰になってうつ病になる

 

ストレスが発散できなくなるとうつ病になる事があります。

 

ストレスがかかって体調に変化が出てきたなと思ったらうつ病になる可能性もありますのでうつ病になる前にカウンセリングや、心療内科等に行き診察してもらう事がよいです。

 

ストレスによる不調はいくつもありますが、身体の弱いところに出ると言われていますね。

 

どんなところに出るかと言うと・・・

 

〇頭痛

 

〇腰痛

 

〇不眠

 

〇めまい

 

〇身体の動悸やほてり

 

〇食欲不振で痩せてくる(軽いストレスだと逆に太る)

 

〇いつも眠い、疲れている

 

〇オシャレや身だしなみが面倒になる

 

〇目が痛い

 

他にもありますし、人によって不調は違う場所に現れる場合もあります。

 

f:id:navimy:20151224222439j:plain

 

私は頭痛と腰痛でした。

 

頭痛は慢性的なものなので、ストレスもあるかもしれませんが体質的なものが多いと思います。

 

腰痛は自分でもびっくりしたことがあります。

 

夫が亡くなってからしばらくはかなり神経がやられました。

 

そのせいがどうかわからなかったのですが、どうやらあの時の腰の痛みは夫が亡くなったためのストレスだったようです。

 

色々な理由でストレスになりますが、その後の対処次第ではうつ病を併発する事もないと思います。

 

おかしいなと思ったらおひとり様はストレスとうつ病にならないようは早めに対処しておきたいですね。

 

身体の不調の前兆があったらストレスを緩和する工夫を考えておくとひどくならないですみますね。

 

 ストレスを緩和する工夫

 

ストレスがかかって、うつ病になったら大変です。

 

長引く前にストレスを緩和しましょうね。

 

どうやってストレスを追い払うかですが・・・

 

まずは、お医者様に診察してもらうこと。

 

f:id:navimy:20151224222402j:plain

 

薬も出ますが、話を聞いてもらうだけで楽になります。

 

なるべく、話を聞いてくれる心療内科を探すことです。

 

カウンセリングも受けると良いかもしれません。

 

自分が何をしている時が一番心地よいかを考えて行動する事も効果があります。

 

ストレスは食べ物でも関係します

 

糖を多くとり過ぎない事。

 

糖質の少ないGI値の低い食べ物を食べると良いとされています。

 

炭水化物系はGI値が高いとされています。

 

甘味料も気を付けると良いですね。

 

またマグネシウム不足もいらいらの元だと言う事。

 

軽いストレスを感じたらまずは食べ物でストレスを減らしてみるのもお手軽でおススメですね。