読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未亡人になった時の知っておきたい知恵や経済、老後、生活の情報

突然未亡人になってしまったらどこから何をして良いか戸惑いますね。おひとりさまになった時、病気になったら、老後の心配は?子供の事は?色々な側面で楽しく生活していくための情報を綴っています。

スポンサーリンク

未亡人やおひとり様、シングルの気になる貯金額や平均年収は?

おひとり様、シングルの貯金意識

未亡人であろうが、離婚であろうがおひとり様の気になるのは貯金額ですね。

 

何歳で平均どのくらいの貯金をしているのだろう?

 

おひとり様は将来の老後貯金を貯めているのか気になりますね!

 

生活がカツカツでとてもじゃないけど貯金には回らないと言う人もいます。

 

シングル女性がどうやって貯金をしたらよいか、老後資金としての貯金は必要な額はいくら位?

 

周りにいるシングル女性を例を挙げておひとり様のお金状況を綴ってみたいと思います。

 

 おひとり様の平均年収は?

 

おひとり様でも色々あれど、シングルで子供を育てている女性は手当を入れない計算だと平均年収は180万円代です。

 

シングルで子供がいない場合の年収を見てもやはり男性に比べると低いですね。

 

ただ、シングルマザーのように、一度も退職しない場合収入もけっこうあったりします。

 

20代~50代の女性シングルは200万円~350万円位が実際のところです。

 

就職先が見つからない、アルバイトやパートで働いているおひとり様は200万円前後が多いですね。

 

しかし、新卒ですぐに就職をしてずっと同じ企業にいる場合は年々収入アップし、ボーナスもあり、退職金も望める会社だったりします。

 

f:id:navimy:20151218141419j:plain

 

そう言う女性はおひとり様でも結構優雅ですね。

 

もし、高卒だとしてもおひとり様を何年か過ごしている女性は勤続年数も高くなって300万円以上あるでしょう。

 

おひとり様の生活スタイル等などのサイト

 

収入が良いおひとり様

 

たとえば、銀行。

 

短大や大学を卒業して新入社員で入っての初任給は平均的なお給料でも、育児休暇もありますので、出産して会社を辞めないで時短で働くことが可能です。

 

時短の時も勤続年数は加算されていきますので、ボーナス退職金は時短の時は少ないけれど元の正規の社員に戻ったら条件はそのままなのでかなり有利ですね。

 

結婚しても出産しても銀行をやめないで良かった!

 

そんな女性の話を先日聞きました。

 

このように一旦結婚出産が合っても新卒から又は途中入社でも長く務めているとおひとり様であったら十分なお給料をもらう事も出来ます。

 

運よく中途採用でも当たりの会社に就職出来たら儲けものです。

 

おひとり様でも30代、40代、もしかしたら50代になっても一から専門的なことを学んでその道のプロを目指すことだって可能です。

 

これも国家資格を取ったり、専門的なスキルを学ぶと収入は軽く今までよりも100万円は上がるのではないでしょうか。

どんな理由からスキルアップを目指そうと思ったかと言うと・・・

 

シングル女性で子供がいて、おひとり様でこの先の老後貯金を貯めていかないとと言ったような危機感を覚えて!

 

周りにシングルでもけっこうな貯金額がある人がいて焦って・・・

 

しかし、現状では自分の就職先の収入だと老後資金まで回らない。

 

満足のいく収入の会社に就職が出来ない。

 

そんな考えからおひとり様でも専門職に就こうと言う女性が増えています。

 

f:id:navimy:20151218141502j:plain

 

看護師や、放射線技師など30代、40代のシングル女性が学んで資格をとって就職している例も少なからずいます。

 

自分の年齢しだいですが、頑張ってシングルでも貯金額を増やしたい!

 

老後の貯金もしていかなくては!

 

f:id:navimy:20151218141644j:plain

 

そんな女性たちは今、通信教育や国の自立支援教育訓練を利用したり看護学校や医療の学校に通い、一から資格取得のため頑張っているのです。

 

めでたく資格を取得した暁には自分の望んだ就職先に就けるでしょう。

 

おひとり様や未亡人シングルの貯金額

 

おひとり様の貯金額を調べて見ると、

 

だいたいが、おひとり様の老後に必要な貯金額は?

 

と言った内容が多いのです。

 

今実際いくら位の貯金があるかと言うことは定かではありませんが、ひとつおひとり様100人に聞いたアンケート結果だと200~300万円代です。

 

しかし、他のデータだと平均450万円前後。

 

実際にアンケート調査したおひとり様のデータがたまたま収入の偏っている場合もありますね。

今から貯金額を増やすには

おひとり様が貯金額を増やすには3つ。

 

〇資格などを取るか、自力で探して収入の良い会社で働く

〇副業をする又は残業をするなど、本の部分以外に収入の道を作る

〇節約人生

どれが自分で合っているのか、それともすべて可能にするか、おひとり様でも十分に貯金額を増やす手立てはあるのです。

 

シングル女性の日々の生活スタイルはこちら