未亡人になった時の知っておきたい知恵や経済、老後、生活の情報

突然未亡人になってしまったらどこから何をして良いか戸惑いますね。おひとりさまになった時、病気になったら、老後の心配は?子供の事は?色々な側面で楽しく生活していくための情報を綴っています。

スポンサーリンク

おひとり様、犬を飼うと言う事、心の準備とペットにかかる費用は?

おひとり様犬を飼うと言う事のメリット

 

おひとり様の私は犬を飼っています。

 

未亡人になる前から。

 

と、言うことで12歳を過ぎています。

 

犬は良いですよ。

 

何が良いかと言うと・・・

 

犬は人間の心がわかる。

 

犬は心があるのです。

 

何はなくともおひとり様の寂しさがまぎれるのです。

 

おひとり様ではなくてももちろん!

 

私、別にそこまで犬を飼おうとは思っていなかったのに・・・

 

夫が一目ぼれしたポメラニアン。

 

一番可愛かった!

 

犬を飼うメリット?

 

もちろん癒しどころか、子供と同じ存在なのです。

 

その分、心配事も多いのです。

 

 

犬を飼う大変さ

 

飼うのってものすごく大変なのはわかっていたのです。

 

このワンちゃんに決めた時には飼いたいと言う気持ちに勢いがありました。

 

普通、ペットは勢いで飼っては絶対にいけないことです。

 

でも、勢いの中にもこの子の一生は私が面倒見るんだと言う覚悟があったのです。

 

f:id:navimy:20151213231920j:plain

 

値段は安くない!

 

でも、こんなにかわいいペットがいつも家にいるなんて!

 

買う大変さよりも犬と毎日一緒に入れると思う事の気持ちの方が勝っていました。

 

おひとり様、犬を飼うと言うことは簡単ではなかった!

 

犬も急病をするのです。

 

何が犬を飼うのに一番大変かと言うと、犬の具合が悪い時。

 

犬が病気になった時は焦ります。

 

仕事も毎日しているし、おひとり様が犬を飼うって他に誰も代わりに見てくれる人がいないと言う事。

 

仕事も休めない、でも犬がどこか具合が悪そうにしているとどっちを取るかと言ったら犬なんです。

 

おひとり様、犬を飼う心の準備

 

犬はしゃべれないので、どこが具合が悪いかわからないのです。

 

血尿が出たり、血便が出たり、食欲が無くなってしまったり、急に舌が青くなってはぁはぁして息が苦しそうになって死にそうに見えたり。

 

もう、パニックです。

 

仕事なんか行けないです。

 

真っ先に獣医さんへ診せに行きます。

 

ペットを飼うときには真っ先に犬猫病院を探すこと。

 

24時間ペットを見てくれる救急の病院を事前に探しておくのは必須なんです。

 

ペット保険は必要?

 

ペットが病気になった時、自費なんです。

 

これまたびっくりするようなお値段。

 

ペットはどんな病気をするかわからないので、ペット保険を入っておいた方が良いかもしれません。

 

犬に限らず、猫ちゃんだって病気の心配はもちろんあります。

 

f:id:navimy:20151213232046j:plain

 

何処が具合が悪いかわからないので、すぐに検査なのです。

 

血液検査だって、レントゲンだって費用は人間よりも高いのです。

 

保険に入ったところで診療代の半分ですが、犬も猫も手術をしたり、入院を数週間したら軽く10万越えになる場合もあるのです。

 

私のまわりはみんなペット保険に入っています。

 

うちの子には入ろう入ろうと思っていたらこんな年齢になってペット保険に入れなくなりました。

 

知り合いの犬は、ブリーダーさんから連れてきた次の日から具合が悪くなり、一時期毎日のように獣医さんに診てもらっていました。

 

犬猫病院に支払ったお金はびっくりするような金額。

 

f:id:navimy:20151213232135j:plain

 

でも、ブリーダーさんから犬を飼ったと同時にペット保険に加入していたので、かなり助かったと言っていました。

 

その犬ちゃんは先天的な病気があったのでしょうね。

 

ちょうど1歳くらいの時に永眠しました。

 

また次の犬を飼ったのですが、そんなこともあったため犬にはペット保険は入っておかないと不安だと言っていました。

 

たまたま、弱かったり、先天性の病気を持っていたりすると永遠にペットにはお金がかかってきます。

 

おひとり様が犬を飼うと言う事は心の準備と費用の点で大丈夫だと確信した時に決心すると良いのではないかと思うのです。