未亡人になった時の知っておきたい知恵や経済、老後、生活の情報

突然未亡人になってしまったらどこから何をして良いか戸惑いますね。おひとりさまになった時、病気になったら、老後の心配は?子供の事は?色々な側面で楽しく生活していくための情報を綴っています。

スポンサーリンク

おひとり様インフルエンザの予防と食べ物

冬になるとまたやってくるインフルエンザの時期

 

おひとり様になってのインフルエンザは辛いですよね。

 

なんて言ったって看病してくれる人が近くにいないのですもの。

 

でも、インフルエンザなんかになっても何とか自分で回復させるには自力で何とかするしたいですよね。

 

インフルエンザかなと思ったら病院で診察してもらって、インフルエンザを診断されたら色々と気をつけておかなければなりませんね。

 

インフルエンザ予防の食べ物は?

  

薬を病院でもらったらあとは安静でいる方が良いのですが、インフルエンザでも食べ物や飲み物だって摂らないと回復が遅いです。

 

インフルエンザの絶頂期だと食べ物なんてとてもとても無理と言う場合は・・・

 

 

飲む点滴

 

スポーツドリンクは飲む点滴とまで言われているほどなのでおススメです。

 

何故かと言うと、インフルエンザで身体の体力と共に水分、ミネラル分が失われていますので、その分を取り返さなければなりませんね。

 

食欲がなかったら、ポカリスエットのような電解質のスポーツドリンクを飲むのが良いです。

 

その次には乳酸菌、ヤクルトとか割と安価だけど昔ながらの子供の好きな乳酸菌マミー。

 

インフルエンザに効く食べ物

 

食べ物を食べられる位だったら消化の良いものを食べると良いでしょう。

 

f:id:navimy:20151129171523j:plain

 

ヨーグルトはおススメですが、特にホットヨーグルトが良いですね!

 

意外と美味しく食べられちゃいます。

 

まずはインフルエンザの時には身体を温める事が大切なので、ヨーグルトを温かくして食べると一石二鳥です。

 

他には消化の良いものとして、リンゴをすりおろしたもの。

 

おかゆ、うどん、豆腐、茶わん蒸し・・・

 

この辺りはペロッと食べられそうですね。

 

インフルエンザや風邪の時には予防としてもかかってからでも、食べ物はビタミンACEを摂ると良いとされています。

 

ビタミンAは色の濃い野菜、果物。

ビタミンCはレモン、グレープフルーツなどの柑橘類

ビタミンEはナッツ、うなぎ、たらこ、明太子等

 

インフルエンザの時には消化の良い食べ物を食べて身体を温めて体力を回復するのが一番ですね。

 

大根、生姜、にんにくもインフルエンザや風邪には効果的。

 

f:id:navimy:20151129171740j:plain

 

インフルエンザにかかりたては外出する気にもなれませんが、なんといったって自分のためにも他人にうつさないためにも安静が一番です。

 

インフルエンザの予防は湿気管理と換気

 

冬に多いインフルエンザ予防には部屋の温度や湿度の調整をしてウィルスなどの菌を死滅させたいのですが、その湿度とは?

 

冬の乾燥は色々なウィルスが増殖しやすくなります。

 

乾燥を防ぐために湿気は必要ですが、その湿度も部屋には50%くらいが適度になっています。

 

湿度60%位になると、カビなどの細菌が出てき始めます。

 

温湿器と言うものが良く売れているそうで、機械の湿度に合わせて部屋の湿気を調節すると言う優れもの。

 

置く場所は床から150センチくらいの高さの所が良いとされています。

 

部屋の温度や湿度を調節してウィルスの増殖を減らす対策とし一つ持っておくと良いかもしれませんね。

 

 ちなみに部屋の室温は18°から20°位を保っておくと良いです。

 

12月くらいから3月下旬位までがインフルエンザが流行る時期ですが、もっともピークなのが1月末から2月上旬です。

 

外出している以上どこにウィルスいてが身体の中に入ってくるかわかりません。

 

インフルエンザの予防として部屋の湿度を50%くらいにする、換気をする、免疫の強くなる食べ物を食べるなどしてインフルエンザにかからないようにしておきたいですね。

 

発酵食品はインフルエンザ予防の食べ物としても良いので納豆も良いし、

 

ネバネバの野菜、オクラ、また海藻もミネラルが豊富なので、昆布、わかめ、のりなども食べると良いです。

 

インフルエンザの予防アロマ

 

私は一年を通じてインフルエンザやウィルス予防、湿度を保つためにアロマを使っています。

 

f:id:navimy:20151129171823j:plain

 

空気を清浄の意味で殺菌効果のあるティートリー、ユーカリなどをアロマ加湿器に使うと湿度も殺菌も同時に効果がありインフルエンザ予防としておススメです。

 

アロマディフューザーも人気の物をネットで見つけたりすると良いですが、私は無印良品や生活の木で何回か買いました。

 

やはり、数年に一度は新しいアロマディフューザーやアロマ加湿器が欲しくなります。

 

他にはペパーミントやローズマリーなどの精油もスースーとしていて殺菌効果もあり、ふき掃除の時にもぼろきれ等にしみさせて使う事が良くあります。

 

フローリングももちろん畳もすっきりとして部屋の空気まで爽やかになったようです。

 

インフルエンザの予防と言う意味でも、流行る前から部屋の温度、湿度、空気をウィルスの繁殖しないように保っていれば安心ですね! 

 

元々医療機関で使っていた機器を除菌するために使っていたもの。

 

秋冬のインフルエンザやノロウィルスが流行る前に準備しておきたいものですね。

 これ一つあると、とっても便利です。    ↓↓