未亡人になった時の知っておきたい知恵や経済、老後、生活の情報

突然未亡人になってしまったらどこから何をして良いか戸惑いますね。おひとりさまになった時、病気になったら、老後の心配は?子供の事は?色々な側面で楽しく生活していくための情報を綴っています。

スポンサーリンク

おひとり様のマンション購入、新築と中古どっちが良い?

おひとり様のマンション購入

 

おひとり様がマンションを購入するのが今や普通になってきました。

 

それは将来の色々なことを考えてマンション購入に至る場合もあります。

 

若いおひとり様の女性も買える、手に届く範囲でのマンションも代に出回っているため買いやすい時代になってきました。

 

もちろん、マンションは高い買い物です。

 

いくら安いと言えどもある程度の収入がないと買えませんね。

  

そんなことも頭に入れてマンション購入を考えないと危ないのです。

 

そのあたりを分析しながらおひとり様のマンション購入の注意点を考えてみたいと思います。

 

 

マンションを買う時の注意点

 

会社員だってOLだっていつ襲ってくるかわからないリストラ!

 

f:id:navimy:20151031001316j:plain

 

まずは最初に支払うお金は純粋にマンションの代金の他に、諸費用として、登記費用、管理費、修繕積立費などがあります。

 

思っていたよりも最初にお金がかかるんだなと気が付くと思います。

 

一軒家だったらもっとです。

 

思っていたのよりも数百万円も高くなってしまった!

 

そんな声も聞きます。

 

注文住宅はそういったことが多いのです。

 

注文住宅よりも、建売住宅の方が最初に支払う金額はコミコミになっていたりするので分譲住宅でもだいぶ支払いに差が出てきます。

 

マンションもマンモスマンションもあれば、コンパクトな数世帯しか住んでいないマンションもあります。

 

大規模マンションの方が毎月の修繕費の支払いは少ないところが多いと聞きました。

 

それは、たくさんの世帯が住んでいるため共同の部分、修繕費などはみんなで割る為です。

 

世帯数が少ないとその分は割高になるそうです。

 

マンションを購入するときはそのあたりも頭に入れて、ある程度世帯数の多いマンションの方が毎月の共同の固定費が少ないかもしれません。

 

最近設備の整った大規模マンションも郊外や都会でも多くなってきました。

 

温泉が出るお風呂、スポーツクラブ並みの機器が共同部分に揃っているマンション。

 

多少、駅から遠くても設備がしっかりしていて、名の通った建設会社の元作られたマンションだったらかなり人気があります。

 

購入するときも高かったと思いますが、そういったネームバリューのあるマンションですと人気なのでもし、売る時があるとしても高い金額で売れるそうです。

 

基本的に資産として考えられるマンションは駅から近いところです。

 

貸すときがあっても割と早めに借りてもつき、値段もまぁまぁな金額で貸すことが出来るようです。

 

資産としてマンションを考えているのであれば、駅から近いところ、もしくは頑張ってネームバリューのあるマンションを購入してみると後からの価値が高くついて安心です。

 

おひとり様、マンションを買うなら中古?新築?

 

今は時代と共にマンションの価値も変わってきています。

 

時代は中古マンションです。

 

安く中古マンションを買って、リノベーションをする方がお得!

 

そう言われています。

 

ですが、せっかく買うのだったら誰も住んでいないピカピカの新築が良いと言う人もいるでしょうね。

 

そのあたりは人それぞれの感覚ですね!

 

f:id:navimy:20151031001431j:plain

 

また、マンションばかりではなく、おひとり様は一軒家を購入している人もいます。

 

その家もおひとり様のような人が買うにふさわしい値段と広さなのです。

 

おひとり様にちょうど良い大きさの家、値段なのです。

 

マンションよりも気を使わない、ペットが堂々と飼えると言うのも最近は人気だそうです。

 

日本各地探すとそういった家も売りに出されていますので、マンション以外に家も購入の視野に入れておくのも良いかもしれませんね。

 

おひとり様だったら家を買う?マンションを買う?

どっちのメリットを取りますか?