読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未亡人になった時の知っておきたい知恵や経済、老後、生活の情報

突然未亡人になってしまったらどこから何をして良いか戸惑いますね。おひとりさまになった時、病気になったら、老後の心配は?子供の事は?色々な側面で楽しく生活していくための情報を綴っています。

スポンサーリンク

夫と死別した時の税金や控除や生活費はどうする?

未亡人になった時の税金

  

未亡人は色々と税金の上では控除されます。

 

でも、収入に応じてですのでもしも未亡人でいながらも年収が500万円以上あったら税金控除の対象ににはならなかったりします。

 

確定申告をするようになった未亡人も多いと思います。

 

私は確定申告すると寡婦控除として35万円。

 

けっこう大きいのです。

 

遺族年金は収入としてみられないので、こちらも税金はかかってきません。

 

もしも、夫と死別じゃなく離別だったらここの部分が労働の収入だったら税金の対象になります。

 

離別は大変なのです。

 

未亡人の生活費

 

子供がいた場合は離別でも児童扶養手当があります。

 

死別の場合の児童手当は遺族年金に足されます。

 

別居していて、生活費が夫から一銭ももらえない場合、国からの児童扶養手当はもらえないのです。

 

ですので別れることが決定的なら中途半端に別居するより離婚していた方がお得です。 

 

夫が亡くなってからと言うもの、生活が大変です。

 

生命保険にたくさん入っていたら・・・

 

もしも1億円位保険金が下りてたら!

 

残っている人生にもよりますが、あと50年生きるとして一年間に200万円の生活費で働かなくても大丈夫ですね。

 

貯金の方法も考えると、かなり大きな数字なので利息もかなり入ります。

 

1億円あったら働かないでok!

 

良いですね。

でも、子供も大きくなった場合大体が保険の見直しをしていますから死亡保障は少なくしていると思います。

 

それでも3千万位残してくれたらラッキーです。

 

大体1,000万円位の保険がおりれば良い方じゃないかと思います。

 

もし、1,000万円の保険金がおりたとして・・・

 

遺族年金があって。

 

子供は独立してて・・・

 

遺族年金も亡くなった人の勤続年数と年収に応じて変わってきます。

 

そしてその時の妻の年齢によって遺族年金の額が違ってきます。

 

遺族年金がもしも20万円位、家のローンがない場合は1,000万円の保険金があれば何とか安心です。

 

私の場合は?

 

遺族年金がそこまでありません。

 

そしてまだまだお金を使いたいお年ごろ?

 

f:id:navimy:20160105122356j:plain

 

趣味も勉強も仕事も何もかも現役でいたい場合はお金がかかりますね。

 

もっとお金がないとつまらない。

 

夫が亡くなって半年位は何もしてませんでした。

 

働く気にならなかった?

 

色々と考えてました。

 

でも、すぐに働かなくても良かったと言うことはまだ恵まれているのかもしれません。

 

未亡人の働き方

 

夫と死別したので税金も自分で払い、ちゃんと控除してもらいます。

 

そして生活費は切り詰めなくてはならないですね。

 

その中でも食費は削れるようで削れない・・・

 

その食費を削るにはこういう方法はどうでしょうか?

 

 

 詳しくはこちら

     ↓   ↓   ↓

 

毎日の生活で節約するにはこんな方法でお得に暮らせる!

 

  

ところで私はどんなことをして働こうと思ったか・・・?

 

夫が亡くなる前、カルチャーセンターで気になる内容があると単発コースや数回のコースをよく受講していました。

 

その中の一つ、アロマテラピーのコースにはまってしまったのです。

 

アドバイザー、アロマ検定2級、アロマ検定1級と取得。

 

時々行っていた近所のエステサロンでたまたまエステ習いたい人に教えますと言うものがありました。

 

そこで、エステ?いいかも!

 

アロマの顔に対しての技術的なことは習いましたがエステとしても知っておきたいと思い、近所のエステサロンの門をたたいたのでした。

 

夫が亡くなる直前の仕事

 

エステとアロマの事を知って楽しくて楽しくて・・・

 

アロマとエステを合わせて家で少し仕事をすることになりました。

今でいう、サロネーゼの走りだったかもしれません。

 

時々、エステを教えてくれた近所のエステサロンに1週間に数日お手伝いに行き、家でも疲れない程度、家庭に負担がない程度働いていました。

 

もっともっと深く知りたい!

 

と、思い東京のエステの学校まで通うことにしました。

 

アロマも人に教えられる位になりインストラクターまでの資格もとりました。

 

そんな感じで今に至っています。

 

遺族年金があるおかげで自分で働いた収入は好きなことに使えます。

 

夫と死別した時の税金は安くなります。

 

控除も大きいです。

 

大変なのが生活費ですね。

 

保険がたくさん入れば苦労しないのかも。

 

今まだ、自分の年金をもらう年齢まで達していないのだったら趣味のように働いて人生に色を付けると楽しいと思います。

 

もちろん、人との係わる仕事ですしストレスはありますが、それ以上の充実感があります。

 

未亡人になった時どんなことが必要になって来るでしょうか?

 

こちらの記事にも!

 

  詳しくはこちら ↓     ↓     ↓      

 

 夫が亡くなった後の経済、一人で生きて行くこととは?