未亡人になった時の知っておきたい知恵や経済、老後、生活の情報

突然未亡人になってしまったらどこから何をして良いか戸惑いますね。おひとりさまになった時、病気になったら、老後の心配は?子供の事は?色々な側面で楽しく生活していくための情報を綴っています。

スポンサーリンク

おひとり様一人暮らしのリスクと、避ける為にやること

おひとり様のお金のリスク

食生活でおひとり様だと、たった一人分なのにもったいないと言うことがけっこうたくさんあります。

 

なるべくおひとり様でもリスクのないような生活を送れるように考えてみました。

 

〇自分の頭で考えても分からないときは本やネットで!

 

家族みんなで食卓を囲む場合は一人分よりも一人単価が安く済みますが、毎日おひとり様のメニューを考えるとなると工夫しないと割高になりますよね!

 

そこでおひとり様の食費を工夫したやり方とは?

 

 おひとり様の食卓を工夫する

 

1.ひとりご飯のレシピがたくさん載っている本が売っています。

2.クックパッドを利用

3.宅配の一人分、二人分を申し込んで調理。

(昔ながらの宅配やオイシックスでも半調理済みの食材が送られてくる)

4.毎日ローテーションで少しずつ内容を変える。

たとえば、カレー。

 

カレーライス→カレーうどん→カレーピラフ

冷凍三昧にする。

 

調べて見るとかなりの食材が冷凍できます。

 

ご近所さんとシェア

 

これは面倒くさい私には向きません。

これ作ったから、食べて!

そんな感じのやり取りです。

 

コンビニは便利ですが、添加物がかなり入っていることと言うことです。

 

後々病気が怖いので、なるべく自然のものを食べて余計なものはデトックス。

 

空き巣、泥棒、ひったくりのリスク

 

 

お金と言えば、一人暮らしだと家に誰もいないと言う時が多いですね。

 

いないように見せない。

 

新聞は必ずポストから取っておく又は、夕刊を取らない。

 

短時間だとしても、洗濯物は男性のものも一緒に干しておくと少しは安心です。

 

照明と防犯カメラを必ず付ける。

 

それだけ犯人は警戒します。

 

お出かけの時にはご近所さんに一声かけておくと安心ですが、近ごろ希薄になってきている人間関係なので早々お気軽にその時だけ声掛けは難しいですよね。

 

セコムやALSOKと契約しておくと良いとは思いますが、警備会社に入っていても近所の家は泥棒に入られました。

 

そうなると、取られてもよいものしか家にはおいて置けませんね。

 

タンス預金は怖いので、銀行の金庫に保管すると大丈夫です。

年間保管料が若干かかります。

 

でも安心料には変えられませんね。

 

長期不在の場合は家には大事なものを置いておくと危険ですね。

 

それはおひとり様には限らずですが・・・

 

おひとり様の生活のリスクあれこれ

おひとり様が一番リスクに考えているのはやはり老後の事です。

 

どうしても一人だと、今は良いけれど老後の心配が出てきます。

 

でも、遅かれ早かれ核家族で暮らしていったのなら夫婦どちらかがおひとりさまにいつかはなります。

 

大体、女性の方が残るので未亡人がこれからもっと多くなりますね。

 

今未亡人やおひとりさまで老後の事を心配しても、やがて今はおひとりさまじゃない人もその時を迎えるのです。

 

子供に面倒を見てもらえるとか、近くに子供や姉妹が住んでいる場合でも、お互い家族がいる場合は難しくなります。

 

子供に面倒を見てもらおうと思っている人は今はだいぶ減ったとか。

でも、いざとなったら少しは違うでしょう。

 

誰も身内がいなかったら・・・

 

〇お金を貯めよう

〇友人を作ろう

〇なるべく町内会やシングル同士での集まりなどに顔を出そう!

〇健康第一なので、食事はバランスよく。

 

老人ホームや介護付きのマンションにはどういったものがあっていくら位かかるかアンテナを張っておこう!

 

住まいの修繕

 

家に住んでいれば時々何かが壊れてしまったり、修繕も必要になります。

 

そう言う場合、男出がないとどうしようかと思いがちですね。

 

そんな時は地域にもよるかもしれませんが、シルバーの方たちが行政に登録していて色々と安く引き受けてくれます。

 

そう言った人たちと仲良くなると良いかもしれません。

 

とにかく、おひとりさまになったら連係プレー。

 

ひとりだと出来ないことをやってもらえるように住んでいる役所に連絡してシルバーで困った事あれこれを登録している人がいるかどうか聞いてみると良いですね。

 

業者は高いですし、ビジネス感が強いですが、シルバーの方は人のお役にたてながらお小遣いになる、やりがいになると言うスタンスなのでおススメです。