未亡人になった時の知っておきたい知恵や経済、老後、生活の情報

突然未亡人になってしまったらどこから何をして良いか戸惑いますね。おひとりさまになった時、病気になったら、老後の心配は?子供の事は?色々な側面で楽しく生活していくための情報を綴っています。

スポンサーリンク

未亡人の会や集いに行こうね未亡人は自分だけではないのです。

やはり専業主婦と女一人では何もかも違うので、同じ境遇の人じゃないと話が合わないと言う人もたくさんいます。

 

そんな仲間を持つのもおすすめです。

 

専業主婦の仲間に入らない方が良いですよ!

 

と、言っているわけではなくて!

 

経済も家の大工仕事もすべて頼ることなく生きている女性は自分一人でやっていかなくてはならないのです。

 

ですので、「一人だものね、あなたは」みたいな目をされてしまう。

 

専業主婦又は結婚して何の不自由もなく生きている女性とは異なりすぎます。

 

未亡人同士の環境とは違うんです。

 

 未亡人と比べたら専業主婦ってそんなに苦労はないの?

 

一概に言えませんが・・・

そう、専業主婦にだって色々な苦労はあるのです。

 

苦労が何もなくて生きている人こそ少ないのではないでしょうか。

 

だからこそ同じ悩み、又は同じ環境の人とのつながりも大事にしておくと自分一人ではないと感じるのではないでしょうか。

 

未亡人同志の会話

 

未亡人になって悲しむ人ばかりではないと言う事が世間では事実なのを知っています?

 

不謹慎かもしれないけど旦那が死んでホッとした!

 

そんな女性も少なからずやいるのです。

 

生前は妻にひどい仕打ちをした、暴力的だった!

 

家庭内別居をしていた。

 

離婚したかったけど応じてくれなかった。

 

子供のために離婚を我慢していた。

 

病気で夫が倒れてからと言うもの、介護の人生、大変だった。

 

亡くなってよかった!

 

なんてことを声を大にしては言えませんが、喜んでしまった!

 

やっと楽になった!

 

離婚よりも死別の方がイメージが良いから良かった!

 

まだまだありそうです。

 

そんな人たちは未亡人になって、と言うよりもおひとりさまになって本当に良かった!

 

こんな楽なことはない。

 

遺族年金だって入ってくるし・・・

 

そうよね!そうよね!

 

なんて具合な話もちらほら。

 

本音を言ってしまえば、色々とあるのかもしれませんが、夫が亡くなって悲しんでいる人ばかりではないと言う事!

 

これは事実です。

 

やっとつかんだおひとりさま人生。

 

おひとりさまになったら

 

一人での自由さは本当にこの上ない幸せ!

 

今更他の人のごはんを作ったり、洗濯をしたくないわ。

 

友だちと遊びに行ったって夜ご飯の支度があるから早く帰らなくてはいけないなんてことを心配しないで済むようになったからすご~く楽!

 

自由に恋愛出来るし、夜遊びだって時間を気にすることなく遊べる。

 

f:id:navimy:20160114111936j:plain

 

泊まりの旅行だって、お小遣いも自由に出来ちゃう出来ちゃう!

 

孤独と自由天秤にかけたらどっちが良い?

 

人によるのですよね。

 

やっぱり自由よりも孤独には耐えられない。

 

頼りになる人がそばにいてくれればそれだけで良い。

 

そんな人もいます。

 

未亡人はお金がある?!

 

 

なんて世間では一部ささやかれていますが、あるなしにかかわらず、自分に入った遺族年金は誰にも相談せずに使える自由さがこの上なく幸せだと言う事にはなるのです。

 

自由だから急におしゃれになってしまった人も知っています。

 

もしかしたら女性ホルモンもアップしてしまうのかもしれませんね。

 

外に行くことも多くなり今まで知らなかった世界に一夫踏み入れたと言う人もいます。

 

夫が亡くなってしまったこと。これも運命。

 

それによって残された未亡人は陰にも陽にもなります。

 

どんなイケメンが現れても、もう絶対に再婚はしない!

 

よっぽどお金持ちなら考えても良いけど・・・

 

でも、やっぱりせっかくおひとりさまの自由を満喫できているのだから!

 

あなたはどのタイプ?

 

今は色々なブログもあります。

 

色々な未亡人ブログを読んで参考にするのも面白いですね。

 

ただ、未亡人に遺族年金が出るのって人によって金額は様々ですので1桁の場合、また家賃もある人の場合は遊んでもいられませんね。

 

 

 

 

さて、持ち家があるかどうかでだいぶ生活の楽さはちがうので、早めに買っておいた方が良いかとも?

 

そのあたりの事は人によりけりで何とも言えませんが・・・

 

誰かが亡くなった亡くならないは関係なしに将来持ち家派、賃貸派に分かれてますよね。

 

一生に家にかかるお金の計算式をやるとどっちの方が得か?

 

持ち家の方が絶対に落ち着く!

 

賃貸の方が楽、自由に引っ越しも出来る!

 

そこでも意見は分かれます。

 

言えることは未亡人にとっては家を買っておいてくれてありがとう!

 

と、声を大にしても言いたいところだと思います。

 

毎月の家賃の心配がないってことは一生においてかなり差が出てきますね。

 

少なく見積もっても7万円強の家賃、香辛料を含めると約1年間で100万円位かかってきます。

 

10年間で1,000万円。

 

30年で3,000万円ってことは、マンション位は買えてしまいそうですね。

 

未亡人になってから実家に戻る人も少なくはないです。

 

それも兄弟がずっと住んでいたり、姪、甥がいたりすると戻りにくいですね。

 

遠慮しないで住んでいられる部屋があったら少し家賃を払ってでも親元にいた方が賢明ですね。

 

だって普通に賃貸借りたらもったいない!

 

ちなみに私は実家に戻りました。

 

いずれ自分の物になる予定の家ですが、親が健在ですので家賃を払っています。

 

家賃と言うよりも、年老いた親の生活費にプラスしてくれれば!

みたいな感じですね。

 

年間にかかる固定資産税もかなり高いです。

 

元々自分のマンションや持ち家を持っている人はそれはそれで人に貸せたら良いですよね。

 

やっぱり土地、家屋を持っている人は何かとお得ちゃん!

でも、それも今から間に合います。

 

投資するためのマンションを買うと言う方法もあります。

 

詳しくは別の記事で書きますが、将来お金を生んでくれる方法は探せばあるのです。

 

毎月のお金も投資信託に回す、証券会社に相談すると良いですね。

今は銀行でも色々と資産形成のためのお金の話をしてくれます。

 

保険金などでまとまったお金があるのでしたらそのお金が育つように調べて勉強して投資する方法も考えると良いです。

 

ただし、自分でも世の中の動きを調べておかないと、証券会社や金融会社のいいなりとなってカモになりまねません。

 

そこで今まで積み上げていたお金がマイナスになる事だってあり得ます。

 

のんびりとお小遣いを貯めたい人にはこちらを使うと良いですよ。

 

 未亡人のファッションと趣味をお金をかけないで考えてみる