読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未亡人になった時の知っておきたい知恵や経済、老後、生活の情報

突然未亡人になってしまったらどこから何をして良いか戸惑いますね。おひとりさまになった時、病気になったら、老後の心配は?子供の事は?色々な側面で楽しく生活していくための情報を綴っています。

スポンサーリンク

夫と死別した方必見!もらえる手当と遺族年金詳細解説

未亡人になった時にもらえる遺族年金

 

夫が厚生年金をかけていたら未亡人になった時に遺族年金がもらえます。

 

しかし、妻がたとえ遺族年金支給の条件を満たしていても年収800万円以上の稼ぎがあったら、十分生活できるでしょうとの国の判断で遺族年金はもらえません。

 

その年によって妻の収入の多さで遺族年金が出るかどうかは変わってくるようです。

 

妻がたくさん働くのも考えてしまいますね。

 

頼もしくて素敵でうらやましいくらいですが・・・

 

 

18歳以下の子供がいる場合の遺族年金 

 

18歳以下の子供がいる場合は、児童扶養手当が遺族年金にプラスされて入ってきます。

 

子供の数によって金額は異なります。

 

子供一人の場合995,200円、二人の場合1,217,600円一人ずつ多くなると74,100円加算されていきます。

 

ありがたい制度ですよね!

 

 f:id:navimy:20151016152334j:plain

 

でも18歳になった途端、児童扶養手当はなくなり

 

今までの年金よりもかなり減ってきますので驚く人もいるようです。

 

今まで以上に節約をしないといけなくなりますね。

 

少しでも食費を削って、でもひもじい食事ばかりじゃつまらない!

 

と、思っている人は↓↓↓ファンくるを利用してお得に生活するしてはいかがでしょうか?

 

f:id:navimy:20160815184309j:plain

 

詳しくはこちらの記事にお得方法を載せました

  こ↓ ち ↓ ら ↓

 

お得に利用詳しくはこちらの記事にも

 

 

18歳未満ですととまだまだ教育費にお金がかかりますので、その辺の考慮のもと児童扶養手当が加算されるのです。

 

大学まで進学する場合は今まで学資保険のようなものに入っていたなら助かりますが、そうではない場合大学でかかるお金はかなり必要なので奨学金制度を使うと言う方法を使う人もいます。

 

奨学金は返さなくてはいけないので、いずれにしても卒業後はお給料から払い続けるのは大変です。

 

普通の大学でしたら何とか返せても弁護士や裁判官を目指す人は法科大学を出てイソ弁をして、その間の数年間はお給料がない状態で借りた奨学金を返さなければならなくなったのでそれはそれは大変です。

 

ちょっと前だったら弁護士になる前にはボス弁護士の事務所で勉強させてもらっている間も国からお給料のようなお金が毎月支給されていたのですが、今は制度が変わってしまったので優秀であってもお金の工面が出来ない場合はあきらめる場合も出てきていると言う事です。

 

f:id:navimy:20151016153140j:plain

 

夫が亡くなった時の妻の年齢によって遺族年金の額は違う 

 

さて、18歳以下の子供がいる場合の例でしたが他に優遇される遺族年金のタイプはと言うと、寡婦年金と言うものがあります。

 

夫が亡くなった場合妻が40歳から64歳までの間に加算されるものが寡婦手当にあたるものです。

 

年間一律579,700円です。

 

これはありがたい制度ですね。

 

なぜ40歳からと言うと40歳前ですと、女性が働くにしても年齢的にも就職先を探しやすい。

 

しかし、40歳以降となるとなかなか思ったように就職が見つからない、体力も落ちてきます。

 

65歳以降は妻がかけてきた基礎年金が足されるのでその年齢になるまでは寡婦年金と言って年間数十万も加算されてくるのです。

 

最近の制度ですと、夫が亡くなったと言えども遺族年金を思い通りにはもらえなくなってきています。

 

それは妻が20歳から29歳の場合は遺族厚生年金のみ5年間だけの支給。

 

30歳から39歳の場合はずっともらえますが、やはり遺族厚生年金のみの受給になります。

 

やはり30歳以下や、30代の妻は人生のやり直しもきくし、再婚することも十分あり得ますので国もそういった制度にしたのかもしれませんね。

 

国民年金のみの場合、12万円から32万円までの死亡一時金が入ります。

 

ですが、夫が亡くなっても子供がいなかったら自分の年金をもらえる年になるまで0円です。

 

普通厚生年金は国民年金も自動的に入っていると言う事になっているので二階建てであるのに対して、国民年金は一階建てであり、納めていくのは自分自身だけです。

 

厚生年金は会社で負担してくれますので、将来頂ける年金は会社員のように厚生年金を納めていた方が有利ですね。

 

夫が死亡した時にもらえる遺族年金もあまりにも違いすぎます。

 

f:id:navimy:20151016153529j:plain

 

夫と死別したら自助努力が必要な場合も!

 

 厚生年金をかけていても自分の夫が亡くなった時に、妻がもし若かったらあまり期待は出来ません。

 

また、国民年金の場合は一時金のみ。

 

子供がいる場合のみ18歳まで支給されるとしてもとても生活していくには大変です。

 

いつなんどき何が起こっても心配のないように生命保険や貯金で準備していた方が安心ですね。

 

貯金は毎日の心掛け、でもそればっかりじゃ味気ないですね。

 

こちらを活用して貯金が出来て、欲しいものを買っていると言う人も最近は増えているようですよ。

 

 

レストランで半額で食事をした後、お店のアンケートを書くだけでリッチでお得な気分

      詳細は ↓ こ    ↓ ち    ↓ ら↓

 

こちらの記事で詳しくお得な利用法を記載してます